ハンバーグ作りに失敗?原因やアレンジはそぼろ?スープ?

この記事は3分で読めます


スポンサーリンク

 

ハンバーグ作りに失敗してしまったことありませんか?

特に失敗してしまう原因は、焦がしてしまうのがあげられると思います。

あなたにもハンバーグを焦がしてしまう、崩してしまうという

失敗をした経験ありませんか?

今回はハンバーグを作って失敗してしまう原因と

失敗してしまったときどうやってアレンジするかについてです。

ハンバーグを失敗したらば、アレンジはそぼろのほかにも

スープやあんかけ、野菜炒めもできてアレンジの幅は広いです!

 

 

ハンバーグの手作りに失敗

ハンバーグといえば、家庭料理の定番ですね。

彼氏が彼女に作ってほしい手料理であったり、

家庭の味がよくでる手料理ですよね!

ひき肉とみじん切りにした玉ねぎ、

パン粉と卵でをこねて、平たくしてフライパンで焼いたら出来上がり!

簡単に思えて実は奥が深いのがハンバーグです。

なので失敗することもあります!

 

 

 

 

 

 

とくに多い失敗例がやはり、フライパンで焼くときに焦がしてしまう。

その次が、ひっくり返すのに失敗してぼろぼろに・・・・

そんな苦い経験をあなたもしたことがあると思います。

失敗をしたときのためのアレンジの例も紹介します。

 

万歳

 

ハンバーグで失敗する原因

 

さて、ハンバーグを手作りする場合考えられる原因は

実はかなりあります。

ひき肉にが生でなかったり、玉ねぎのみじん切りが大きすぎたり

ほかにも失敗の原因はありますが、一覧で確認してみましょう。

 

【失敗の原因】
・肉自体が悪い
・生地をしっかりとこねていない
・生の玉ねぎを使う場合に水切りしていない
・炒めた玉ねぎをそのまま使っている
・パン粉や卵の量が極端
・空気の抜きが甘い
・焼く前にハンバーグ中央部を窪ませていない

 

などあります。

生地をしっかりとこねていないと水っぽくビチャビチャしている生地になり

固まらず焼いているときにぼろぼろになる原因ですし、

中央をへこませないと、火が通りにくくなるので焦げの原因になります。

 

 

ハンバーグの後始末は、おいしくアレンジ!

せっかく作ったのに、どうしたらいいのかこまりますよね。

玉ねぎにひき肉、パン粉に卵かなりの食材をつかっているので

そのまま捨てるのではもったいないです。

そこで、失敗したときのアレンジを知っておいて損ではないでしょう!

 

まずは定番、そぼろ

ハンバーグを失敗したら、そぼろにするのがていばんです。

ひき肉に醤油とみりん、砂糖で味を調えて、ご飯にかけるそぼろに

あれんじすることができます。

そぼろをつくるのには、失敗したハンバーグがいちばんです。

 

 

あんかけ

あんかけも定番と言えるアレンジでしょう。

少し水分を足して、片栗粉でとろみをつけて

塩コショウで味を調えるとあんかけのかんせいです。

 

 

野菜炒め

冷蔵庫に入っているありあわせの野菜で、

ひき肉の野菜炒めをするのも、アレンジの一つの手です。

ハンバーグにするために、炒めた玉ねぎが入っているので

やさいいためにしても問題ない!

 

ポイント妖精の解答ポイント

ハンバーグ作りに失敗したことあります。

980グラムのひき肉をすべてそぼろにして食べました。

失敗の原因は、冷凍ひき肉を解凍するのではなく

レンジで温めにしてしまったことがすべての原因です。

ひき肉に半分火が通った状態で、丸めてみたものの

フライパンの上でぼろぼろになりました。

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2003年1月
  1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー