脅威、仕事中にスイマ襲来!眠気を覚ます意外な方法

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

あなたは眠気との戦いを知っていますか、戦いに打ち勝つことはできますか

大事な会議や授業中、仕事中だとわかっていても突然襲ってくる眠気。

眠気覚ましの方法をいろいろ模索しますよね、知っているのと知らないのでは大違いです

そんなと、どうしようもない眠気を覚ます意外な方法をお教えします。

→『思いつき』関連の記事一覧

 

 

眠くなる原因はどこだ!

眠くなる原因というのはなんのでしょう。

一般的には睡眠不足、体内時計のズレ、体の中のエネルギーの糖分が不足している。

または、生命維持に必要なエネルギー消費を減らすために眠ることで体力を温存しようとします。

座っているという状況は休憩と一緒なので

授業中や仕事中に眠くなるのは睡眠不足とつまらない授業で集中できていなくて勉強になっていないから。

勉強にならないのは、生徒の気持ち、眠気に打ちかつぐらいの集中力がないと眠くなります。

好きな教科の授業は眠くなったりしませんが、たいてい眠気に襲われるのは嫌いな科目や苦手な内容だった時ですよね。

そのほか先生の教え方が悪い、教え方が悪いとやる気のある生徒でも眠くなります。

好きな科目でも先生が嫌いだったり、すると一気に眠気が加速します。

 

 

眠気を覚ますには?

もっとも眠気を覚ますのに効果的なのは、体を動かすもしくは大きな声を出すことですが、授業中にそんなことをするわけにはいきませんよね。

眠いという感覚に意識を向けないようにすることです、授業中であればいきなり当てられると眠気なんて吹っ飛びますよね。

なので眠気を飛ばすにはきっかけが必要です。

 

 

具体的な覚まし方

一番手軽にできる方法で、手のツボを押すことです。

『中衝(ちゅうしょう)』というツボ。

手の中指のつめの生え際、親指側に3ミリ程度外側にあります。押してみましょう、めっちゃ痛いです。

『合谷(ごうこく)』ツボ。

手の甲側、親指と人差し指の間にある骨の付け根部分から少し上の部分にあります。

『睛明(せいめい)』というツボ。

目頭と鼻の付け根の骨の間にあります。目が疲れたときなどもここを刺激するとスッキリしますよ。

 

 

眠くなる原因をなくせ

そもそもの、眠くなる原因をなくせば眠気に襲われることもありませんよね。

あなたは寝る前にどんなことをしていますか?

眠気がくるまでスマホや携帯をつついていたり、ゲームをしたりなどしていませんか?

昼間に眠気に襲われるならば、夜しっかりと寝付けていないことが問題です。

夜しっかりと眠っていれば、昼間眠気に襲われることなどありません。

眠りたいと思った時間の一時間前から、テレビやスマホを見ず、脳の興奮を抑えましょう。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー