大豆製品の栄養摂りすぎには注意!いいことをしすぎると悪くもなるよ

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

 

 

体にいいからといって、一つの製品を過剰に取りすぎていませんか
あなたがしている行動は実は、悪い影響を及ぼ行き過ぎていませんか?
大豆製品を取りすぎには注意しましょう。
体に良いものでも、適量だからいいのであってとりすぎては本末転倒です。
日本食に大豆製品は欠かせませんが、大豆製品の栄養分を取りすぎにはなりません。
必要以上に取ることに問題があります。
大豆製品の栄養を取りすぎることでどんなことがおこるのでしょうか。

→『料理』関連の記事一覧

 

 

大豆製品が体にいい理由

日本人と大豆は、切っても切れない関係にあります。
醤油に納豆、豆腐、味噌、ビールのつまみに大活躍です。
大豆製品が注目されているのは、何と言っても大豆に含まれる栄養素
大豆に含まれている、大豆イソフラボンに効果があるといわれています。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンにとてもよくにていいます。
人間のホルモンと良く似ているために、美容と健康のために注目が集まっています。
大豆イソフラボンには、子宮頸がんや乳がんのリスクを減らすとも増やすともいわれています。

骨粗しょう症を予防するとも言われています。

 

 

取りすぎるとこんな変化が起きる。

骨粗しょう症や乳がんに効果があるが、大豆製品を取りすぎると

男性の乳房が発達するなどの症状がでる。

ほどほどに摂取しましょう

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー