国民年金滞納すると、財産差し押さえのブラックリスト入り?

社会問題
スポンサーリンク

 

 

日本国民が20歳を過ぎると自動的に加盟することになる国民年金。
日本に住所のある20歳から60未満の国民すべてを強制加入してもらい
高齢となったときにお金をもらえる仕組みである。

この国民年金の制度は、昔は10人で一人の老人を支える形であったが
少子化と高齢化によって体制が維持できなくなってきているのだ
現在では3人で一人の老人を支える形で、ゆくゆくは老人一人をたった一人で
面倒をみるという形になるといわれている
そのため、将来性がないうえに問題を起こしたりと信頼がない、
と支払いをしない人が増えているのだ。

→『社会問題』関連の記事一覧

 

 

 

催促の手紙が来ていたら早めに対処しないと大変なことになります。
支払いを無視し続けていると財産を差し押さえて、売却をできなくしてしまう。
差し押さえられた財産を競売にかけて返済のあてにされてしまうのだ。
所得400万円以上で長期滞納者からは、強制的い徴収するともいっています。

この年金未納者が近年増加しており社会問題になっている。
そのため国が、対処に追われている。

 

年金2

 

今後、滞納しているものに対しての対応が厳しくなるとのこと。
2014年の段階で働くせだいの4割が収められない状況にあるというのだ
そもそも、正規の仕事をしていないので収められないといった事情がある

でも、ふるーい時代に作られた制度なので
時代とともに変化を加えていかなくてはいけないものなのではとも思います
昔の人が、高齢化社会になるなんてだれが予測していたでしょう。
日本の景気が悪くなって、仕事がなくなるなんて想像はしていなかったでしょう。

 

 

 

コメント