酒粕のアルコールの飛ばし方は?簡単すぐにできる!

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

 

 

酒粕のアルコールの飛ばし方をこのページでは紹介します。

酒粕は、日本酒を造るときにでる副産物です。

なので、少量のアルコールが含まれています。

酒粕パックをするときなどでアルコールのにおいが気になるあなた

アルコールを飛ばす方法をこのページではお伝えます。

→『料理』関連の記事一覧

 

 

酒粕のアルコールの飛ばし方

酒粕は呼んで字のごとく、日本酒を作るときにでる粕です。

日本酒は麴菌を発酵させて作る伝統的なおさけです、

日本酒をつくると必ず酒かすという、麴菌と米でできた酒粕ができます。

 

酒粕

 

アルコールの原材料になっているので、酒粕からは微量のアルコールが出ます。

アルコールが苦手だったり、甘酒は飲みたいけど運転しなくちゃという状況では

 

酒粕からアルコールを飛ばしたほうがいいでしょう。

アルコールの飛ばし方を解説します。

 

 

簡単アルコールの飛ばし方

酒粕のアルコールの飛ばし方はとっても簡単です。

 

酒粕を水でといて、温めるだけです。

 

 

アルコールである、エタノールの沸点は60度で蒸発します。

なので、お水で酒粕を溶いて、鍋で火にかけて加熱すれば

あっという間にアルコールは飛んでいきます。

酒粕には大体6パーセントぐらいのアルコールが残っているといわれています。

酒粕を使ったパックや酒粕クラッカーも作れます、

もちろんアルコールは飛ばしてあるので、子供だって食べれます。

 

 

 

ポイント妖精の解答ポイント

酒粕といば、甘酒のイメージがありますね。

酒粕を使った甘酒はただ甘いだけすが、

米麹をつかった甘酒はめちゃめちゃおいしいです。

アルコールを抜いた酒粕は、酒粕パックやクラッカーなんかに使いましょう。

酒粕の活用方法についても取り上げ抵抗と思います。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー