たけのこのあく抜きの方法は重曹?それとも米ぬか?

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

たけのこ2

 

たけのこのあく抜きの方法は重曹と米ぬかの二つがあります。

ほかにも灰をつかった方法があります。

今回はたけのこのあく抜きの方法で、重曹と米ぬかを使う

方法をお伝えしていきます。

春の風物詩で、4月から5月にかけてが旬のたけのこを

おいしく食べましょう!

→『食品』関連の記事一覧

 

 

たけのこには灰汁がある

春の風物詩として、たけのこやわらびを食べる機会があるでしょう

ちょうど4月から5月にかけてがたけのこの旬な時期です。

竹林にけば、地面からにょきにょきと小さな眼が出ているでしょう。

たけのこにはあくがあるので、あく抜きがからならずいります。

あく抜きをしなくては、えぐみが強くて食べられたもではありません。

たけのこのあく抜きの方法には、重曹をつかったものと

米ぬかや米のとぎ汁を使う2つの方法があります。

調達しやすいもので、たけのこのあくを抜いておいしく調理しましょう。

 

たけのこ

 

 

たけのこのあくの抜き方

たけのこには灰汁があるので、必ずあく抜きが必要になります。

あく抜きの基本は、重曹または、米ぬかと一緒に皮をむいたたけのこと

一緒に沸騰させて一晩おいておくと、灰汁がぬけます。

本当に取れたてで新鮮であれば、そのままでも食べれることがりますが

あくを抜いて食べるほうが断然おいしいです。

 

 

たけのこのあく抜き重曹編

 

たけのこの灰汁抜き

 

まず、たけのこを調達してきましょう

たけのこの皮を向いて、芯の部分だけ残しましょう。

芯の部分だけになったら、鍋にたっぷりの水をいれて

たけのこをしっかり漬けます。

重曹の場合はだいたい大さじ3杯をいれて、沸騰させます。

沸騰させている間のあく抜きは不要です。

30分ほど煮込で、竹串が通るようになったらあく抜きは完了です。

触れるぐらいの熱さになったら、水を変えずにひとばんおきます。

自然に荒熱をとることでおいしくなります。

保存は水道水につけておこないます、保存の場合は毎日水を取り替えましょう。

 

 

たけのこのあく抜き米ぬか編

 

米ぬか

 

皮をむいて、鍋に入れたら

重曹の代わりに米ぬかを一掴み入れます。

吹き零れないようにしっかりあたためます。

こちらも30分ほど煮込みます。

30分ほど煮込で、竹串が通るようになったらあく抜きは完了です。

触れるぐらいの熱さになったら、水を変えずにひとばんおきます。

自然に荒熱をとることでおいしくなります。

 

 

 

ポイント妖精の解答ポイント

たけのこは鰹節と鶏肉と一緒に煮てたべるのが

一番大好きです。

食わず嫌いだったころは、鶏肉だけつまみだして食べていたこともあります。

年を重ねるごとに、味覚がへんかするのか食べれるものってふえますよね。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー