文旦の食べ方や旬な時期、保存の仕方はこれ!

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

文旦の食べ方しっていますか?

皮が厚くて食べにくいイメージがありますが、コツをつかめば簡単です!

文旦の食べ方や、旬な時期、なるべくおいしく保存する方法を伝授します。

 

 

文旦のおいしい時期になりましたね。

 

文旦っておいしいですよね~。

文旦を食べたことがある人は、食べ方をしっていますが、

初めて食べるひとにとっては、食べにくい印象があると思います。

なんていったて、とっても皮が分厚いので剥き方をしらなかったら

おいしい果肉を味わうことができません!

 

文旦の食べ方、皮のむき方!

文旦の食べ方は簡単です。

表面の皮をむいて、果肉を取り出します。

そして、薄皮をはがして中身をたべます。

 

文旦はとっても皮が分厚いので、素手では食べれません。

 

必ず包丁もしくは、皮に切れ目を入れれるものが必須。

 

 

この分厚くてたべにくい皮を剥くのも、文旦を楽しむ醍醐味です!

果肉を気づ漬けないように皮をむくのにはコツがいります。

一番外側の固い皮の部分だけに切れ目を入れると、

なかの文旦を傷つけずに食べれます。

文旦の皮は表面だけが以上に固いので、その表面を包丁で切れ目を入れるのがコツです。

 

 

動画では、赤道上を切って上下に皮を半分にできます。

分厚い皮を剥くことができたら、果実が出てきます。

一房ごとにわけて、薄皮をむき、種を出して食べます。

サイズがおおきいもののほうが、味がおいしいです。

 

 

ほかにもお尻もしくは頂点から放射線上に切れ目をいれる方法もあります。

放射線状にきれめをいれるとこんな感じになります。

 

文旦の旬な時期はいつ?

文旦はおいしい時期にたべたいですよね!

おいしく食べれるのが旬というもの、文旦の旬の時期はいつなのでしょう

文旦の旬の時期は1月から3月までが旬の時期です。

水晶文旦という文旦は夏ごろが旬なのですが、

土佐文旦の旬は1~3月が旬の時期になります。

4月過ぎても文旦が店頭に並ぶこともあるので、長期保存のしやすい果実です。

 

文旦の産地が近い都道府県では、5月過ぎまで店頭に並んでいることもあります。

土佐文旦の産地は高知県で、四国県内に住んでいるとゴールデンウィークまで

店頭に並んでいるのを見かけます。

 

 

 

 

 

文旦をなるべくおいしく長く保存したい!

 

大好きな文旦をなるべくおいしく保存したいですよね!

あなたは普段どのように保存していますか?

買ってきたときの大きなビニール袋に入れっぱなしにしていませんか?

 

袋に入れっぱなしでは、カビが生えて食べれなくなってしまいます。

文旦を長期保存するときに気を付けないといけないのは、カビです。

 

カビさえ防ぐことができれば、文旦は長期保存できます。

 

そもそも文旦は収穫してから、おいしくなるまでおがくずの中で寝かせるので

長期保存には向いている果実です。

買ってきたばかりの袋からだして、温度変化の少ないところに

一個づつ並べてカビが生えないようにしましょう!

そうすれば、一か月ほど持ちます。

あまり長いこと保存しておくと、皮がカリカリに乾いていきます。

表面が乾いて剥きにくくなりますが中身は無事です。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー