モッツアレラチーズはなぜ美味しい?味や相性の理由はこれ!

この記事は4分で読めます


スポンサーリンク

 

 

モッツアレラチーズはフレッシュチーズという発酵させていないチーズです。

ミルクの風味が強く、さっぱりとした味なので、食材の美味しさを引き立てれます。

モッツアレラチーズはチーズそのものと一緒に食べる食材の両方を美味しくしてくれます。

モッツアレラチーズと相性がよく互いを引き立てられる理由について考えていきます。

単体でも十分美味しいですが、さらに美味しく食べるための料理の仕方や

アレンジの方法も知っていきましょう。

 

 

 

モッツアレラチーズとは

モッツアレラチーズは、水牛からとれるミルクから作られる発酵させないチーズのことです。
カビの力を借りずに、発酵や熟成をしないので臭みや嫌われる独特の味がないチーズで日本でも人気があります。
日本食で例えると豆腐です。

豆腐は大豆を湯がいて粉々に砕いた豆乳に、にがりを投入して大豆のたんぱく質を固めたものです。
チーズの場合は牛乳のたんぱく質を、レンネットで固めただけのチーズがモッツアレラチーズです。

食材からタンパク質をどういう手法で固めているのかの違いが、動物性か植物性なのかの違いですね。
味も豆腐と似ていて、食べるとミルクの甘味と風味が感じられます。

日本人が大好きな豆腐と真っ白な丸い形でさっぱりとした味がするので、人気が出たのでしょう。
豆腐と違い加熱するととろーりと伸びる性質があります。そしてほかのチーズにはない弾力があります。

モッツアレラチーズにある、独特な弾力はほかのチーズにはありません。

モッツアレラチーズを作るときは熱湯の中で練って一塊にしたものを引きちぎってつくります。

練るので弾力があり、避けるチーズのように筋があります。

 

 

 

 

モッツアレラの美味しさは牛乳

モッツアレラチーズと似ている豆腐のおいしさは水ですが、モッツアレラチーズのおいしさは何に左右されるのでしょうか?
やはりチーズの原材料である、ミルクに左右されるのでしょう。本格的なモッツアレラチーズは水牛からとれるミルクを使って作られています。

水牛の乳で作られたものを「モッツァレラ・ディ・ブーファラ」と言い、ホルスタインからとれる牛乳で作られたものを「モッツァレラ・ディ・ヴァッカ」と言います。

日本で売られているのは、ほとんどがホルスタイン種からとれる牛乳から作られている「モッツァレラ・ディ・ヴァッカ」になります。

なぜかというと水牛の乳牛を飼育している酪農家が日本に存在しないからです。水牛は多少いますが、量が少なすぎて流通してません。

モッツアレラチーズのおいしさを左右するのはやはり、牛乳によります。素材にこだわりぬいた牛乳からつくることでおいしさは決まります。

牛乳には牛が食べたもののにおいや風味がのこります。特に摂取したもののにおいは牛乳には出やすいです。

モッツアレラチーズだけに限らず、チーズ類は牛乳のタンパク質を取り出すものです。

おいしいチーズにはこだわりのある牛乳から作られています。

 

 

モッツアレラが味を引き立てる相性のいい食材

単体では物足りないが、食べ合わせると、食材の味を引き立てる。

物足り足りない味を風味が強い食材と合わせることで、掛け算のおいしさを表現している。

濃い味や香辛料、ハーブとの相性は抜群によくモッツアレラチーズと合う。モッツアレラチーズは白いので色の強いものと合わせると彩豊になる。

 

トマト、バジル、こしょう、アボカド、白ワインビネガー、お酢

オリーブオイル、タイム、オレガノ、醤油、味噌、ガーリック。

魚ならば、サーモン。肉なら鳥モモ肉、ベーコン、生ハム。

 

トマトとバジル、アボカドを使ったカプレーゼやマリネサラダは居酒屋や

イタリアン料理の定番中の定番ですよね。

そしてなんといっても、ピッツァマルゲリータも王道中の王道です。

ちなみに、日本のチーズ食文化が始まり広まったきっかけもイタリア料理ブームが火付け役です。

 

 

 

 

 

 

 

 

フォトジェニックがおいしさ倍増の理由

おいしさを左右する要素に盛り付けがあるでしょう。味だけはなく、お皿に盛り付けて完成します。

モッツアレラチーズは真っ白で丸い形をしており、形もおもいどおりに変えやすい点もおいしさの一つでしょう。

料理の見た目や盛り付けは、おいしさを左右する十分たる要素です。

SNS映えやフォトジェニックにモッツアレラチーズは最適です。

白い色はほかの食材の鮮やかな色を引き立て、味の引き立てもお手の物です。

鮮やかな色だけでなく、色鮮やかさを引き立てるのは白です。

レストランでも大体は白いお皿に鮮やかな盛り付けがされています。

モッツアレラチーズが使われる代表的な料理の、カプレーゼはトマトとバジルをモッツアレラチーズが引き立てています。

マルゲリータピザも、モッツアレラチーズをトッピングとしてとろけさせることでピザソースと調和を取っています。

タダのトマトソースがかかっただけのピザならばこんなにも世界的に有名にならなかったでしょう。

写真映えもよし、動画映えもよしなで、味もおいしいだからモッツアレラチーズは確固たる地位を築けたのです。

フォトジェニックなモッツアレラチーズを使った料理や写真をちょっと見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モッツアレラチーズここが美味しい理由まとめ

  • ミルクの風味
  • そのほかの食材を引き立てる
  • 強い味をもつ食材と相性がいい
  • 香りを引き立てる
  • フォトジェニックでおいしさが引き上げられる

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2004年1月
  1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

カテゴリー