皮下組織の役割は体温調節

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

 

 

肌の一番奥にかまえてるのが、皮下組織です。
この皮下組織には、クッションとなる脂肪を蓄えていたり

注射針を刺せる血管を配備しています。

皮下組織の大きな役割は、毛を栽培していることです。
このページでは皮下組織が持っている役割と機能について解説しています。

 

 

このページは「肌」について理解を深めていただくページです。

「肌の役割」のページ(肌は守り盾なのだ。肌の役割は、盾とクッション。)を

あなたがまだ読んでいなければ、こちらを先に読むことを強くおススメします。

→「肌の役割」はこちら

 

皮下組織の役割

皮下組織は、肌もっとも内側にある組織す。表皮と真皮が皮下組織上に乗っています。

皮下組織は脂肪で構成されています。脂肪といったら悪いイメージがあると思いますが、

衝撃を内臓に伝えないようにするクッションの役割を果たしています。

そこに「動脈」や「静脈」が通っており、肌に栄養を届けたり、老廃物を運び出したりしています。

ちなみに、点滴や注射をするとき針を刺す血管はここに配置されいます。

 

 

皮下脂肪の役割

脂肪というとダイエットの敵として悪いイメージがあるかもしれませんが、

実は体を守る大切な働きを担っています。

皮下脂肪はクッションの役割をして外部からの刺激や衝撃をやわらげてくれます。

また、熱を伝えにくいという性質から断熱・保温の働きをしつつ、

エネルギーを脂肪のかたちで蓄える役割もしています。

 

 

皮下組織は毛を栽培しているその理由

皮下組織のもう一つの役割は、毛を栽培しています。
毛を栽培することで、空気の層を増やして温度調節をしたりしています。
厚くなれば汗を出して毛を寝かせて、気化熱で蒸発しやすくし

寒いときは毛を立たせて空気の層を増やすことで気温の変化に対応できるようになっています。
一番は毛を生やすことで、衝撃を少しでも少なくする役割をしています。


● 肌の役割

● 肌は三層構造

  ● 表皮

  ● 真皮

  ● 皮下組織

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 8月25日
  2. 2015年 8月25日
  3. 2015年 8月26日
  4. 2016年 1月14日
  5. 2016年 1月21日

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー