文旦の皮は乾燥させて入浴剤に!

美容
スポンサーリンク

 

文旦の皮を乾燥させると、さわやかな入浴剤になります。

乾燥させた皮を、芳香剤の代わりに部屋に置いておくのもいいですね。

文旦の皮を入浴剤にする方法や、入浴方法についてまとめます。

文旦を余すところなく楽しんでいきましょう!

 

 

 

文旦の皮どうしてる?活用法は?

 

文旦といえば酸味のつよいかんきつですよね。

 

大きな実とさわやかな香りが特徴的な果物です。

 

1月から3月にかけて出荷される、土佐文旦が有名ですよね。

おいしい中身をたべるには、硬い皮をむいでたべるくだものです。

とっても皮の分厚いのが特徴の果物です。

 

 

分厚い皮をむぐと、金色に輝くきれいな果肉が出てきます。

この果肉を食べるのがおいしいんですよね!

文旦の実を食べるまでには、分厚い皮を無ぐ必要があります。

この文旦を食べたあとにでる皮、どうしていますか?

生ごみにするにも、皮が分厚くて重たいし

三角コーナーがすぐにいっぱいになってしまいますよね。

処分にこまってしまう文旦の皮を活用擁してみましょう

 

この文旦の皮を乾燥させて、

入浴剤にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

文旦の皮を乾燥させよう!

食べた後の文旦の皮を細く切ります。

細く切った文旦の皮を、天日に干して、乾燥させます。

 

乾燥の目安はカピカピになって、色がオレンジになれば乾燥完了です。

 

乾燥させた文旦の皮をみかんネットに入れてお風呂に入れれば

文旦の皮の入浴剤の出来上がりです。

 

文旦の果肉を包んでいる、薄皮の部分は乾燥させずゴミにしてください。

乾燥させて入浴剤にさせるのは皮だけにしましょう!

 

 

 

コメント