髪にダメージ貯めてない?ダメージを軽減するシャンプー法

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

あなたの髪の毛にダメージは蓄積されていませんか?

ダメージをうけさせないためにしていることが、ダメージを蓄積させていたらどうします?

ダメージを蓄積させにくいシャンプーの方法についてまとめました。 

→『ハウツー』関連の記事一覧

 

 

髪のダメージ軽減!

ダメージを増やさないためにしていることが、ダメージをさらに蓄積させていませんか?
受けたダメージは戻りませんがダメージを軽減することができます。
さて、髪の毛に受けるダメージとはなんでしょう。
寝ているとき髪の毛は頭の下にしかれて、こすれあい摩擦のダメージを受けます、
カラーリングは髪の毛の構造を薬によって変えてしまうことです、これをダメージといわずに何と言いますか?
髪は生きた細胞ではなくないのでダメージをなかったことにはできません。
ダメージを軽減することと、受けにくくすることはできます。
受けたダメージを補修するには、保湿することです。
ダメージを受けにくい髪にするためには、健康な髪の毛を生やすことが大切です。
さて、ダメージを受けにくい健康な髪の毛にするためには何をすればいいのでしょうか。

健康な髪の毛を作るには、土台が必要なんです。
髪の毛の土台といえば頭皮です。頭皮が健康で清潔であれば問題ないのです。
頭皮の汚れを取り除く、そして適度に保湿するたったこれだけでも綺麗な髪の毛を手にす

 

 

シャンプーの方法

大事なのはシャンプーで頭皮の汚れを落としつつ皮脂も残すというのがとっても大事です。
シャンプーをする前に、頭皮の毛穴に詰まった汚れを溶かしだしてから
髪の毛を乾かす前に髪全体に油をなじませて保湿するたったこれだけできればいいのです。
トリートメントやコンディショナーは髪の毛の柔軟剤で、きれいに見せかけているだけなのです。
正しいシャンプーで汚れをおとして、適度に油を残せればトリートメントは使わなくてもいいのです。
シャンプーの語源はヒンズー語からで意味は、マッサージをして頭皮、毛髪を清潔に保つものです。
マッサージをして、清潔に保つこれが一番重要なのです。
トリートメントやリンスは、頭皮の清潔さが守れれば好きな香りをつけるという点で利用してみましょう。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー