熱い!夜扇風機をつけっぱなしすると朝だるい理由は?

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

暑い日が続き、夜寝苦しくなってきますね。
熱くて寝ていられないので、あなたもクーラーや扇風機をつけっぱなしにしますよね。
でも、快適にねむれても翌朝、体がだるいという経験はありませんか?
あなたは、気になったことはありませんか?
扇風機や冷房をつけっぱなしで寝ると朝からだがだるくなるのでしょうか?
だるくなるのには理由がありました。

→『ハウツー』関連の記事一覧

 

 

つけっぱなしだと朝がだるい

暑い日が続いています、あなたは夜に熟睡ができていますか?
昼間の日差しを受けて温まった建物は、夜も熱を発し続けます。
夜も熱を出し続けることを熱帯夜とよんでいます。
夜も暑いと、暑さで目が覚めたり眠りが浅くなってしまいます。
そこで、冷房や扇風機をつけっぱなしにして、暑さをしのぎますよね。
多少快適な夜はすごせますが、つけっぱなしで眠ってしまうと朝だるさを感じませんか?
だるいと感じてしまうことがわかっていても、眠るためにつけっぱなしにしますよね。
このだるさの原因は人間の体が、持っている体温調節の機能によって引き起こされています。

なぜ、だるさが起こってしまうのか気になりませんか?

 

 

熱くて寝ていられない!!!

熱くて眠れないから、扇風機をつけっぱなしにすると翌朝ものすごく疲れますよね。
だるくて起きれないし、だるさが一日中のこる感じは苦手です。
つけっぱなしで寝ると、だるさが残る理由は人間の体の仕組みに直結しています。
人間の体には体温を調整する機能が付いています。私たち人間は恒温動物で常に一定の体温を保って生命活動をしています。体温が上がりすぎると体によくないので、運動をして体温が上昇すると汗をだして一定に保てるようになっています。汗をかくのは、自律神経が自動的に調整してくれています。人は寝ている間なにもしなくても、コップ1杯分の汗をかきます。なので、扇風機をつけっぱなしにすると、常に風が体に当たり水分が蒸発している状態です。体から常に熱と水分が奪われ続けるので、翌朝だるくなるというのが原因となります。
要するに、風に当たりすぎると水不足になるってことです。
人間の体は60%が水分でできていますので、少しでも水不足になると危険な状態になります。

 

 

道扇風機を活用すればいいの?良い方法は・・

扇風機をつけっぱなしで寝ると、朝だるくなる原因はわかったと思います。

では、寝るときに取れる良い対策はあるのかということあなたは気になりませんか?
風を体に当てないようにすればいいのです。

なので、扇風機をつけて寝るときは直接風を浴びない用に調整しましょう。

風の流れを作り出せれば一番良いのですが、暑い夜に窓を開けて寝るのは防犯上よくないですよね。

そこで、扇風機の向きを壁に向けてやり、壁によって風向きの変わった変則的なかぜを作りましょう。
そうすることで、体にずっと同じ風速の風を浴びることなく快適に夜を過ごせますよ。

いかがでしたか?
扇風機をつけたまま、眠ると翌朝だるさの原因はわかったでしょうか。
これで、今日の夜から扇風機をつけっぱなしで眠っても朝のだるさを感じることもなくなります。あなたも今晩から実践してみましょう。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー