神社と寺の違いは?どうして似ているのか

思いつき
スポンサーリンク

 

 

寺と神社はまったく違ったものです。違い説明できますか?

神社と寺についてのマナーや、違いを詳しく解説します。

お参りの仕方や作法、マナーにも違いがあります。

→『思いつき』関連の記事一覧

 

 

神社と寺の違いはどこだ!

違いは簡単です、祭ってあるものが違います。

神社には神様が、寺には仏様が祭られています。

現代では、お墓があればお寺で鳥居があるのが神社です。

どちらも宗教的な施設であることには変わりありません。

仏も神も一緒じゃないの?

そう思ったあなた、一緒じゃないんですよそれが!

元は人間で悟りを開くと、仏になり

元から神なのが神様です。

 

てら

 

 

寺は輸入された!起源は外国にある。

日本の伝統的な風景にかかせないのが寺と神社ですが、

神社とは違い、寺は日本発祥のものではなく外国からの輸入です。

もともと仏教はインドの釈迦によって紀元前5世紀ごろに はじめられた教えです。

空海とか鑑真とかが有名です。

修行をつめば極楽浄土にいけるというものが仏教です。

 

 

神社はたくさんの神様が居る!

お寺は輸入されたものですが、神社は神様を祭るところです。

神社ではどんなものでも神様として祭ってあります。

サルや狐、へび、犬、なんでも神様になります。

信仰よりも崇めるというのがぴったり合いますね。

 

神社

 

 

 

コメント