はちみつをすくうやつの名前判明!ハニーディッパー

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

はちみつを画像検索をすると、はちみつの入った瓶に木製の棒が突っ込んでありますよね。

はちみつをすくうなら、これしかないように思いえます。
この、はちみつを「すくうやつ」名前知ってますか?
じつは、ハニーディッパーという名前の商品でなんです。
今回は、はちみつをすくうハニーディッパーについてです。

→『料理』関連の記事一覧

 

 

はちみつといえばハニーディッパー!

はちみつといえば、この棒かなりな高確率で画像として残っています。
はちみつをグーグルで画像検索してみてください。
おしゃれな写真には、はちみつをすくっているハニーディッパーがしっかりと写っています。

このハニーディッパーははちみつ専用のすくうアイテムです。
これがあると、かなり便利になります。

 

 

はちみつは、すくいにくい

ハチミツはサラサラしていますよね。
はちみつが入ったビンからスプーンで移そうとすると
ミツが糸を引いて垂れてしまいがちです。
粘性が高いので、キレがわるくいつまでたっても切れずにたらたらと
スプーンからはちみつがたれてしまいます。
瓶のふちでぬぐってもいいのですが、瓶がべたべたしますし
スプーンを入れてすくうときに、手にはちみつがついてしまいます。
ハニーディッパーはちょうどよい丸みでビンに入りやすく、
先端をくるりとひねればミツの糸を簡単に切ることができます。
ハニーディッパーには、溝が掘られています。
この溝が、はちみつを上手に絡めて切れをよくしてくれます

 

hanyy

 

 

ハニーディッパーの使い方、管理の仕方

はちみつがたっぷり入った、瓶の中にハニーディッパーをおしこみます。
そして、ハニーディパーをくるくる回して、コイルのところにミツ含ませる
容器から垂直に持ち上げると、いい感じの量だけからめて持ち上げられます。
回転を止め、横向きにして必要なだけとります。
たらしたくないときは棒をくるくる回すと、
粘って伸びるミツの糸を収納できます。

はちみつをすくい終えたら、コップか器に水を張ってつけておきましょう。
そうすると、はちみつが自然と溶けだしてくるので手間もかかりません。
溝の中にはいって取れないはちみつは、溝をめがけて蛇口から水を出して、
洗い流しましょう。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー