クリーム煮にホイップクリーム(植物性)を使うと分離する理由

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

クリーム煮にホイップクリームを使うと分離してしまいます。

ホイップクリームは植物性の油で、加熱に弱いのが分離する理由です。
こちらの記事では、クリーム煮を作るのに失敗してしまったお話をしました。
今回もクリーム煮つながりの記事となりますがお付き合いください
クリーム煮にホイップクリーム(植物性)を使用してしまうと分離します。
なぜ、植物性のクリームを使用すると分離してしまうのかその理由を教えます。

→『料理』関連の記事一覧

 

 

ホイップクリームだと分離する?

ホイップクリームをシチューにつかい加熱しすぎると分離してしまします。

商品ラベルの裏側をみると、植物性と書いてあると思います。

植物の油と牛乳を混ぜて、生クリームに近づけています。

ホイップクリームは、牛乳だけをつかったクリームとはまったくの別物です。

 

生クリームでは加熱しても分離することはありませんが

ホイップクリームは生クリームに似せた、まがい物です。

 

 

ホイップクリームを加熱すると、

調整されていた牛乳の部分と植物油の部分が分離してしまいます。

 

加熱にも耐えれる牛乳と、耐えれない植物油の2つが混ざっているのが理由です。

 

 

 

生クリーム

 

タカナシ乳業

 

生クリームと植物性ホイップクリーム

まずは、法律の壁から入りますね。
動物性のクリームのことを、生クリームと呼びますよね。
動物性の生クリームは、乳脂肪を18%以上含んだ添加物を入れないものだけに

クリームという商品名をつけることができるのです。

クリームは、添加物のないものだけということが重要です。
では植物性のホイップクリームに入りましょう。
ホイップクリームは、植物性の油を原料にして、生クリームに近い形に仕上げた模造品です
牛乳を主原料として、植物性の油を投入し成分を調整してあるクリームのことなんです。
個々で矛盾が出てきますね。
クリームは添加物のないものだけといっているのに法律違反ジャン!
なので「商品名」としてホイップクリームという名前で売られているのです。

 

クリーム

 

まとめ、純度およびおいしさを強さで表すと
生クリーム>>>ホイップクリーム>>>>フレッシュクリーム(コーヒーに入れるやつ)

となります。

 

まとめ

植物性のホイップクリームは、牛乳と植物油が熱で分離してしまいます。

加熱するのならば、生クリームを使いましょう。

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー