生クリーム?ホイップ?動物性と植物性の違い

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

 

 

生クリームとホイップクリームのと名前の違う2つの商品が店頭に並んでますよね。
生クリームが動物性で、ホイップクリームが植物性で商品名がちがうのですよ

 

ここで動物性と植物性の違いをまとめてみますね。

→『料理』関連の記事一覧

 

 

生クリームもホイップクリームもどちらも牛乳を主成分とする製品であります。
この二つの商品の違いは、動物性であるか、植物性であるかです。
どちらがどう違うのでしょうか?

 

生クリーム2

 

生クリームは、牛乳に含まれている脂肪分の乳脂肪だけを取り出したものです。
添加物で調整のされてない成分無調整のもので、乳脂肪が18%以上のものを
クリームとよばれています
この成分無調整のクリームを生クリームや純生クリームとなて店頭にに並んでいるわけです。
動物性というのも、成分を調整していないから動物性なんです。
法律上では生乳から乳脂肪分以外の成分を除去したものだけが生クリームと名乗ることがで来ます

 

 

ホイップ

 

ホイップクリームは、牛乳を主成分とするのは同じですが添加物が含まれています。
牛乳から得られる乳脂肪も使ってますが、その分量以上に植物性の油を使用しています。
クリームと名乗ることができるのは、添加物なしのものだけなので、植物油を使用している
ホイップクリームは、厳密にはクリームではありませんので
法律上では「乳又は乳製品を主要原料とする食品」に分類されます。
ホイップクリームは、生クリームを模して作った模造品ということです。

お店に行ったときに、生クリームとほいぷクリームの主成分のところを良く
観察してみてください、違いがわかると思います。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー