熊肉の保存方法は冷凍!解凍の仕方や食べかた

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

熊といえば、東北や北海道に生息している有害鳥獣です。

ジビエ料理が話題となっていて、食べてみようと熊肉を手にする機会もあるでしょう。

通販でも熊肉を売っていて手にしやすくなっていますが、

熊は貴重で数にも限りがあります。

貴重な熊肉をおいしくたべるためには冷凍保存が一番です。

熊肉の冷凍保存の仕方と、おいしく食べる解凍方法をしっていきましょう。

 

 

 

 鹿肉を買った!どうやって保存すればいいの?

ジビエが話題となり、鹿肉やしし肉手にする機会が増えたと思います。

ジビエ肉の中でも希少なのが熊肉です。

熊といえば東北や北海道に生息しています。

通販でも熊肉を手にすることがあるでしょう。

おいしい熊肉を保存することがあると思います。

どんな方法で保存するのがいいのでしょうか?

鮮度が命でどんどん味が落ちていく運命にある肉。

これをおいしく食べるためには保存方法が命です。

どういった保存方法があり、どの選択をすればいいのか知っていきましょう!

 

 

 保存方法は冷凍保存が一番!

やはり肉をおいしく保存するには、冷凍保存が一番です。

なぜ冷凍保存が一番なのかというと、

解凍したあとの調理のレパートリーが多いことが理由です。

冷凍保存のほかにも、保存方法はいくつか存在しています。

ソーセージや干し肉、ハムに燻製と保存方法は存在します。

 

 

 

私が冷凍保存をすすめるのは、手間がかからずうまみである

肉汁を無駄にすることがないからです。

冷凍保存をすることで、熊肉に含まれているうまみである肉汁の

流出を防ぐこともできます。

 

 

 食べ方にあった解凍の仕方がある?!

おいしくお肉を食べるためには、解凍方法にも気を使いましょう!

解凍に失敗するとおいしさが半減します。

 

解凍の基本は低温でゆっくりとです。

 

低温で解凍することにより、肉のうまみである肉汁が逃げ出すことなく解凍できます。

冷凍庫で冷凍していたものを、冷蔵庫に移して解凍するぐらいが

一番いい解凍方法です。

全解凍の一歩手前、なんとか包丁で切れるぐらいが解凍の目安です。

 

熊肉のおいしい食べ方

熊肉は冬眠する前の脂肪がたくさんある時期が一番おいしいです。

この時期のお肉は、脂肪に甘味があり臭みもない高級肉です。

熊肉をおいしくたべるには、猟師鍋という料理があります。

醤油と砂糖で甘辛く味付け、熊肉と長ネギを一緒に煮込むのが

とってもおいしいです。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー