しし肉に寄生虫や菌は大丈夫?美味しく食べるコツ

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

しし肉には寄生虫や菌がいたりしない?大丈夫なの?

山の恵みとして重宝されているイノシシのお肉、

うまみがたっぷり含まれているので煮物にすると追ってもいしくいただけます。

最近巷では、生魚に潜む寄生虫のアニサキスに注目があつまり

魚が売れなくなっているようです。

生き物を食べるには、寄生虫や菌がいるのかどうかが気になりますよね。

しし肉には寄生虫や菌がいないのかどうか、その疑問に答えます。

おいしく安全に山の恵みをいただきましょう!

 

しし肉は安全なの?

今年にはいり生魚に潜んでいる寄生虫のアニサキスが話題になっています。

生食の文化がある日本では、魚の寄生虫にはきになるし敏感になりますよね。

となるとほかの肉や魚に寄生虫はいたりしないのかとおもいます。

 

牛や豚鳥は衛生管理も食べさせる餌もしっかりと管理さているので

あまりきにしたりしないでしょうが、野生の生き物を食べるジビエではどうでしょうか。

人間に病気をもたらす菌や、寄生虫がいないのかどうかきになりますよね。

ジビエ料理が広まり何かと口にする機会が増えています。

料理店ではしっかりと対策をとっていますが、一般家庭ではおろそかになりがちです。

ジビエ料理に使われる肉のなかでも、特に口にする機会が多い

しし肉に菌や寄生虫はいないのかを中心に答えていきます。

 

しし肉には寄生虫や菌はいない?

 

しし肉には寄生虫が存在しています。

イノシシ肉に『住肉胞子虫』という寄生虫が寄生しています。

この住肉胞子虫(じゅうにくほうしちゅう)に感染すると

微熱が出たり、虚弱になったりします。

症状が出たり、長引くようであれば病院に行ったりしましょう。

 

 

 

危険をなるべくなくすには、火を通す

しし肉にいる寄生虫は火に弱いです。

しし肉を食べるさい、寄生虫を対策するならばしっかり火をとおし

細菌や寄生虫を殺すことが大切です。

生でも食べれるといって、生で食べてはいけません。

 

 

 

 

しし肉をおいしく食べるコツ

しし肉をおいしく食べるには、匂いと硬さをとることです。

 

しし肉をおいしく食べるための下処理をすることが、

寄生虫や菌を殺すことにもつながります。

 

そのためにもしっかりと食べる前に下処理をしましょう。

しし肉をおいしく食べるために必要な下処理は、

灰汁をとり、煮込むことです。

 

 

匂いや硬さをとるために、下茹でして灰汁を取り、柔らかくなるまで

しっかりと煮込むことがおいしく食べるコツです。

 

 

 

そのほかにも薄切りにして硬さをごまかす方法や、

ニンニクやネギなど薬味を効かせて、においを気にならなくさせることもできます。

どんな料理もおいしいものを食べようとするならば、

それなりの手間暇をかけることが大切です。

手間暇をかけて、おいしいしし肉料理を味わってください。

 

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー