食べすぎ注意!生のライチはどうやって保存するの?

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

 

 

ライチの美容効果が人気ですよね。
世界三大美人の楊貴妃もライチを愛用して美しい肌を維持していたそうです。
あなたも、綺麗な肌を手にしたいと思いませんか?
ライチを食べて、綺麗をてにしたいですよね。
そうなるとライチの保存をどうやってしていますか

→『食品』関連の記事一覧

 

 

ライチの保存方法

ライチは果物です。美肌効果をえるためには、やはりなるべく早くに食べるのが一番です。
保存したとしても、2~3日の間に食べるようにしましょう。
ライチの保存方法は綺麗に水洗いした後、清潔なビニール袋に入れて冷蔵保存するとよいです。
生では鮮度が落ちやすく、鮮やかな赤色の果皮が赤褐色に変色し、

表皮のイガがなくなってしまうため、冷凍品あるいは缶詰として出回っているものが多いです。
生を買わなくても、冷凍してあるものならば、すぐに手に手にできます。

 

raiti

 

 

ライチとえば

ライチといえば6月から、7月にかけてが旬です。
楊貴妃も美容のために食べていたそう。
ビタミンcがたくさん含まれていて、肌の再生サイクルを早くしてくれます。
肌の再生サイクルが短くなると、新しい細胞が早く生まれてきます。
新しい細胞が生まれてくることは、白い肌になりやすくしてくれます。

 

 

食べすぎにはご注意

美容にイイけど食べすぎは禁物です。
食べ過ぎるとこんなことが起こります
ライチにはブドウ糖が多く含まれいます。

食べ過ぎると、血液中の糖が増えすぎて、体内の血糖をを下げてしまう恐れがあるそうです。

なので空腹時にライチを食べるのは避け、食後30分たってから食べることをおススメします。

毎日の摂取量は大人で毎日300グラム以下、子供で一度に5個以下に抑えて食べるように気をつけてください。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー