牛乳石鹸が優秀!赤箱と青箱の違いは用途で使い分け

この記事は3分で読めます


スポンサーリンク

 

 

牛乳石鹸の赤箱と青箱の違いとそれそれの用途や使い分けはどうすれば?

あなたは高価な石鹸をつかっても、

効果がいまいちな物にであったことはありませんか?
美肌を得るためには、石鹸選びが大切です。
優秀な石鹸を用途とによって使い分けることで、

あなたはますます美しくなれます。
美肌になれるその石鹸は牛乳石鹸です。

その効果を実感した人はみんなこう言います。

 

 

あなたも牛乳石鹸について、知りたいと思ったでしょう。

このページでは、牛乳石鹸赤箱と青箱の違いを理解し

それぞれの用途に合った正しい使い方を学ぶことで、

あなたは美肌を手にすることができます。

→『ハウツー』関連の記事一覧

 

 

牛乳石鹸が優秀!

あなたは自分の肌に自信がありますか?

自信があると答えれる人は、なかなか居ないと思います。

それぞれが何らかの問題点を抱えながら自分の肌と付き合っていますよね。

やはり数々の美容をためしても、なかなか綺麗になるもではありませんよね。

そんなとき、には思い切って原点回帰をしてみませんか?

あえてシンプルなものに戻ることも大切なときもあります。

そこでオススメなのが、牛乳石鹸です。

牛乳石鹸には、肌をきれいにしてくれる力が宿っています。

 

 

50年も製法を変えずに生き残っている石鹸の老舗ブランドです。
牛乳石鹸ではミルクバターといわれる、牛乳に含まれている脂肪を使っています。

そのミルクバターは汚れはちゃんと落としながらも、乾燥しないで体を洗うことが可能です。
肌トラブルを抱えている色んな方も使用することは可能です。
子どもからお年寄りまで幅広い年齢層の方にも安心して使っていただける石鹸なんです。

 

 

牛乳石鹸、赤箱、青箱のそれぞれの違いは?

牛乳石鹸には赤色青色の箱がそれぞれあります。

牛乳石鹸の赤箱青箱、この二つの違いは何でしょうか?

この赤箱と青箱二種類の牛乳石鹸の大きな違いは、洗い上がりと香りが大きく違います。

さっぱりとしているか、しっとりとしているかの違いがあります。

牛乳石鹸の赤箱と青箱のそれぞれの違いについて解説しますね。

 

赤箱

 

 

赤箱:しっとり系牛乳石鹸

牛乳石鹸赤箱の洗い上がは、しっとりすべすべのなめらか美肌になります。

体だけでなくもちろん洗顔にも使えます。

泡立ちはゆたかでクリーミィな泡になります。

あわ立てを極めるときめの細かい泡も作れます。
うるおい成には、お肌の保護成分として効果のある乳脂肪と、

お肌にうるおいをととける成分の2つが配合されています。
やさしいローズ調の花の香りがただよい、気分もすっきり。
保湿成分が入っているので、乾燥しがちな人や冬にはもってこいです。

 

 

 

青箱:さっぱり系牛乳石鹸

牛乳石鹸青箱は洗い上がりは赤箱にくらべて、

さっぱりとしたすべすべ肌になります。

洗顔にもつかえますが、乾燥肌の人は赤箱で洗顔してください。

赤箱にくらべるとソフトな泡立ちです。
うるおい成分には、お肌の保護効果のある乳脂肪が配合されています。

さわやかなジャスミン調の花の香りがします。
どちらかというとさっぱりとした洗い上がりになります。

 

 

牛乳石鹸の赤箱と青箱のそれぞれの用途

しっとりとした赤箱と、さっぱりとした青箱という風に違いがありますね。
洗顔には赤箱、体を洗うのには青箱と使い分けている人もいます。

乾燥肌の人は赤箱で洗顔したのちに、化粧水や乳液をつかってみてください。
一つ100円しない手ごろな安さなのもありがたいところです。
肌に合う合わないも、これだけ安いと気軽に試すことができますね。

 

 

いかがでした?

赤箱と青箱の違いを理解し、用途に合わせて使うことで

綺麗な肌を是非あなたのものにしてくださいね!

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ特集!

目次
2003年1月
  1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー