TPPで著作権の保護期間はディズニーの影響で70年になる?

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

TPPに加盟することで著作権の保護期間が変わります。

著作権の保護期間はディズニーの影響で70年に変更された過去があります。
著作権というのは、作品を作った人と作品を守る権利のことです。
著作権の保護期間は日本は著作者が亡くなってから現在50年です。
TPPに日本が加盟することによって、ディズニーの影響を受けて70年になるかもしれないです。

→「TPPのまとめ」はこちら

→『経済』関連の記事一覧

 

 

TPPで著作権の保護期間が変わる!

TPPというのは、環太平洋戦略的経済連携協定の略称です。
関税をなくして、国同士の貿易をやりやすくするための協定です。
この協定に加盟するには、国同士で違うルールを統一しなくてはいけません。
今回は著作権についてです。
著作権というのは、物を作った人が持てる権利のことです。
この権利があると、自分の製品を真似した違う製品を訴えることができます。
著作権を持つことができる期間が、保護期間といいます。
保護期間がなくなったものが、著作権フリーとなって自由に使っても良くなります。

著作権保護期間があるものを使いたかったら、お金を払って使うことができます。

 

 

著作権保護期間が50→70年に

日本での著作権保護期間は、著者が亡くなってから50年です。
TPP交渉では、参加12カ国が著作権の保護期間を

「作者の死後70年」で統一する方向になるようです
日本では現在「50年」のため、確定すれば20年間延長されることになります。
今のタイミングで保護期間が延びると、20年は著作権フリーにならなくなります
青空文庫という著作権フリーになった作品が出版されるシリーズがしばらく本が出ないことになります。

 

TPP著作権

 

 

ディズニーの影響で70年になりました。

なぜ著作物の保護期間が70年になったのかは、ディズニーの影響です
もともとアメリカでの著作物の保護期間は70年ではありませんでした。
しかし、ディズニーのくまのプーさんを保護するために

70年に保護期間を延ばすことに成功しました。

著作権が切れると、誰でも自由に使えてしまいます。

そうなってもらってはディズニーが困ります。

元は60年だった著作権の保護期間を70年に延ばしたそうです。

こんなことができるのも長期間にわたり

世界で使われるコンテンツをたくさん持っているからです。
アメリカでは、このような人気キャラクターがありますが、日本には少ないですよね。

『TPPのまとめ ~どうしてはじめた、何をするのか~』

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 1月16日
    トラックバック:TPP一覧 | マイケル起業談

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー