クーパー靭帯が切れた!原因や垂れたバストはもとに戻る?

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

ku-pa-zintai

クーパー靭帯はバストを上向きに保つためのものです。

このクーパー靭帯が切れると、バストが垂れる原因になります。

クーパー靭帯は一度切れると元に戻ることはありませんが、

それ以上バストを垂れさせないようにすることはできます

クーパー靭帯が切れた原因やそれ以上バストをたらさないようにする

方法を知っていきましょう

 

垂れたバストはクーパー靭帯が切れたから?

バストの型崩れや、垂れは年齢とともに気になりますよね。

バストがきれいな形を保っていられるのは、

乳の中にクーパー靭帯という、バストを支える器官があるからです。

このクーパー靭帯が切れたり、伸びきったりすると、

バストの型崩れや、垂れさがりの原因になります。

 

 

クーパー靭帯って・・・?

まずはクーパー靭帯の説明をします。

バストは大胸筋という筋肉の上にあり、バストの土台です。

土台の上にコラーゲンの繊維束であるクーパー靭帯があります。

そしバストの上部の皮膚も、バストを持ち上げて維持する重要なポストを担っています。

 

図説するとこのような構造になっています。

ku-pa-zintaitoha

 

 

 

靭帯が切れた原因は?

クーパー靭帯が切れてしまう原因は、

過度のバストアップマッサージや激しい運動です。

クーパー靭帯の成分はコラーゲンでできた、伸びちじみするゴムと一緒です。

ゴムは伸びると、縮むことができますが、伸びすぎると元に戻りません。

クーパー靭帯は無理な方向や無理な力で引っ張られると細く伸びて、

乳房の重さに耐えられなくなってしまうのです。

激しい運動をすると、伸びたまま元に戻らなくなるのです。

運動をすると乳房が垂れやすくなると言われるのは本当です。

クーパー靭帯が伸び放題にならないためにも、正しいブラジャーを付けて運動しましょう。

 

垂れたバストはもとに戻せる?

垂れたバストは元に戻すことは手術をしなくては難しいです。

しかし、これ以上垂れないようにすることはできます。

そのためにも、サイズの合ったブラを正しくつけましょう。

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー