国にしかメリットがない!マイナンバー制度、私達の利点は何?

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

今までの日本は「名前」「生年月日」「本籍」などの複数の情報がないと

あなたが本人であるか確認できませんでした。

 

しかし、マイナンバー制度を導入した日本は違います。
番号一つであなたの「名前」「生年月日」「本籍」「学歴」

「住所」「収入」「勤務場所」
その他、あらゆる情報が番号一つで管理できるのです。

 

ストーカーなどには決して教えません。
我が日本国があなたを「国民保険」でお守りし、「年金」であなたの未来を支え、
それらを支えるお金を「税金」として確実にお預かりします。

その旨をこれからお話いたします。
どうぞご覧ください。

→『経済』関連の記事一覧

 

 

マイナンバー制度とは?

あなたは、自分を識別する番号を持っていますか?
何か大掛かりな組織に属すると、管理するために番号が割り当てられます。

中学高校でいう、出席番号や学籍番号といわれるとわかりやすいでしょうか。
マイナンバー制度は、国民一人一人の個別の管理番号にあたります。

今までは、名前で管理していましたが、制度が導入されると国は番号であなたを管理するようになります。

 

マイナンバー

 

 

なぜ導入する流れになったのか

マイナンバー制度は何のために導入されることになったのでしょうか?
意外と忘れられがちですが、私たちはいろいろな番号を与えられています。
年金、国民保険、パスポート、運転免許書、よくよく見ると番号が振られています。
それぞれの番号は、それぞれの管轄の機関がばらばらに管理しています。

マイナンバー制度は、このばらばらに管理されている番号を、

統一し、一括で管理するというものです。

一括で管理できれば、管理にかかっているお金を減らせますよね。

 

マイナンバー制度のメリット・デメリット

 

 

マイナンバー問題点はここにある!

管理が便利なマイナンバー制度には、問題点があります。
自分の持っている、マイナンバーが流失すると

個人情報すべてが知られてしまうということです。

管理する管轄が違っていたので、年金番号が流出しても

前科や違反の経歴が知られることはありませんでした。

一人ひとりの識別番号で個人情報をすべて紐付けしてしまうと、

若かりしころの過ちまでも知られてしまいます。

個人番号を利用する新しい犯罪が生まれる危険性もあります。

 

 

問題点がある中でも導入する!なぜなら

問題点もあるなかで、なぜマイナンバー制度を導入するのでしょうか?
導入する理由は、とっても簡単です。
脱税を防止し、国の税金収入をしっかりと確定するためです。
マイナンバー制度導入後、ゆくゆくは銀行の口座番号も一緒に

紐付けして管理すると国は言っています。

銀行口座ははっきりとお金の流れがしるされ、

抜け穴をたどって脱税しにくくさせる働きを持っています。

税金というのは国の貴重な収入です。

国は税金収入を安定させるために導入にいたったのです。

浮いたお金で国はあなたに何をしてくれるのでしょうね。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー