プログラミング言語ランキング2015発表

IT

 

 

情報化がすすんで、どんな職業でもコンピュータを使う時代になりました。
習い事でプログラミングを習わせるのも注目をあびていて、
コンピューターとプログラミングに触れる機会が増えています。

→『IT』関連の記事一覧

 

 

一口にプログラミング言語といってもたくさんの派生と種類が存在しています。
ここの言語にも特徴があり、ウェブで何かしたいならばCSSやHTML、JAVAが有力ですし
なんでもオールマイティに作るならC言語が使われます。
たとえば理系でコンピュータ関連のことをやっている私は、C言語とJAVAを学んでいます。

 

言語ランキング

 

プログラミングを仕事とする人をプログラマーと呼んでいます。
このプログラマーたちが、アプリを作ったりソフトウェアの開発をしています。

年初めに開発者が好むプログラミング言語のランキングが発表されるのが
恒例となっています。

 

 

このランキングで、その年がどんな流れの年になるかがわかりますし
これからの需要を推測して、新しい言語を身につけるときの指数になります。
人気の言語を操ることができれば、仕事に困ることはないでしょう。
今年のランキングが発表されていましたので紹介します。

 

1 JavaScript
2 Java
3 PHP
4 Python
5 C#
5 C++
5 Ruby
8 CSS
9 C
10 Objective-C

 

オブジェクト思考言語に流れが向いている傾向にありますね。
やはり、動的でかっこいいホームページ作成にかかせないJAVAは根強い人気を誇っていますし
サーバー上のデータを利用して何かをするホームページではPHPが人気です。
これからは、ビッグデータの活用が新しいビジネスチャンスになりえることからRubyもなみがきそうですね。

 

 

 

コメント