塩を水にいれると、大爆発!液体の塩の力がすごい

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

液体の塩を見たことありますか?

海の水は違いますよ、海は水に塩が溶けている状態です。

地球上の物質には三つの状態があり、これを三態と呼びます。

物質は液体、気体、固体があります。

固体のものでも熱をかけると、液体になります。

これは塩でも同じで、塩だけの液体というものが作れてしまいます。

→『面白動画』関連の記事一覧

 

 

液体の塩なんてあるのか

塩を液体にするには、ものすごい熱で溶かさないと液体になりません。

塩の結晶が液体になると、融解塩という名前で呼ばれます。

融解するには、800度まで温度をあげなければ

融解塩になりません。

この高温になった融解塩を水に入れるとどうなるのか

そんな疑問をもった挑戦者がいました。

 

 

水に液体の塩を入れると、爆発する

さて、溶けた塩を水の中にいれるとどうなるでしょうか

普通に考えると食塩水ができると思いますよね。

これを実験した人がいました。

その動画はこちらです。

 

 

 

なぜ爆発したのか

液体の塩を水に入れるとなぜ爆発したのでしょうか?

この爆発は水蒸気爆発といわれるものです。

水蒸気爆発は、液体と気体では同じ質量でも体積が違います

ことなる体積の違いが原因です。

液体が気体になると、短時間の間に体積が増えます。

体積が増えるので、水蒸気による爆風がおこるのです。

液体になった塩は、温度が800度を超えています。

その800度の塩が、100度で沸騰して気体になる水に入るので

液体の塩に触れた部分から、どんどん水が気体になるので

水蒸気爆発が起こったというわけです。

 

 

 

ポイント妖精の解答ポイント

こんな実験がほいほいできる環境に行きたいですね。

本当にそうなるのか検証したい事柄がたくさんあります。

たとえば、チアシードはどのぐらい食べたら下痢になるのかとか

何グラムの寒天と水を摂取すれば、下痢になるのかとか検証したいです。

仮説をたてて実験して検証する、そして仮説を見直す

この過程は、なにをするのにもかかせないこうていですよね

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー