金利とは?どんな意味があるのかわかりやすく解説

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

 

 

金利とはどんなものなのでしょうか?

金利の意味をたとえ話を使いながら、

わかりやすく簡単に解説していきたいと思います。

→『経済』関連の記事一覧

 

 

金利とは?

金利とは簡単に言うと、お金を一定期間貸し借りする際の値段のことです。

つまりお金を貸してくれたら、借りたお金よりも多めに返します

ということになります。

お金がないと生活することができません、だから金利がつくのです。

金利の利は利子のことです。

貸したあといくら帰ってくるかが利子です。

この利子があるから貸す方も貸すことができるのです。

銀行にお金を預けると、金利がもらえます。

今やこの金利も、マイナスになってしまいます。

マイナス金利はいつから導入?日本での影響は?金利率も

 

 

コイン

 

 

金利をわかりやすく簡単に

100万円を1年間借りるとして、そのときに2%の金利を約束した場合には、

1年間に2万円というのが、100万円を借りる値段であるといえます。

ちょっと多めに返しますっていうのが、金利です。

金利を受け取るのであれば、金利は高い方が有利です。

一方で金利を支払うのであれば金利は低い方が有利になります。

現在金利はとっても安くなってるので、

家を買ったり、車のローンを組むのも今がお徳です。

 

税

 

 

少し詳しい金利のお話。

金利というのは、お金を運用するとき借りる時など

生活にみっちゃくしています。

私たちの生活や貯蓄、買い物にも関係しています。

銀行預金をするときの定期預金の利率(金利)、

株式投資をするときの配当利回り、

住宅ローンやカードローンなどでお金を借りる時に支払う利息(利子)など様々です。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー