アライグマのラスカルが飼えなくなった理由は凶暴だから

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

アライグマのラスカルが飼えなくなったのには理由があります。

アライグマはかわいらしい見た目と反する、凶暴な性格をしています。

凶暴でいたずらばかり、人間のいうことは聞きません。

手に負えなくなったから、アライグマが生息していう自然に帰しています。

→『動物』関連の記事一覧

 

 

アライグマは凶暴!

アライグマはとても凶暴です。

アライグマは北アメリカ原産の野生動物です。

とあるアニメの影響で、かわいらしいというので日本にも輸入されるようになりました

しかし、かわいいのは小さなうちだけです。

 

アライグマ

 

凶暴すぎて手に負えなくなった飼い主たちが、

アニメに習って日本の自然に返してしまうということが相次ぎました。

アライグマが凶暴なのは、アライグマが育った環境にあります。

毒をもったへびや、狼など強敵がいる環境の中で進化してきたアライグマは

自分の実を守るために、気性の荒さをてにしたのです。

しかし、日本には天敵がいません。

天敵が居ない中で気性の荒いアライグマが生きていくとは

日本古来の生態系が荒れてしまいます。

 

 

ラスカルが飼えなくなった理由は?

アニメのアライグマラスカルでは、最後にはラスカルを自然に帰しています。

ラスカルに女の子ができたから、自然にかえしたのです。

ですが、もともと家族にはラスカルを飼うことじたい

歓迎されていませんでした。

 

アライグマ3

 

いたずらばかりで、いつもお母さんに主人公がしかられていました。

変えなくなった理由は気性が荒くて手に負えなくなったからです。

飼うと心に決めたのなら、飼い主として自覚を持って

たとえ手に負えなくなっても、面倒を見るのが飼い主の仕事です。

 

 

飼い主が死んだ後や、手に負えなくなった場合に

どうするのかまで考えておかなくてはだめです

 

自然に返してあげてと思ったのならば、ペットを飼う前にいいましょう。

「ライオンを飼っていて、かわいそうだから日本の自然に帰してあげてよ」

といっているのと同じことになりますよ。

ちなみに、アライグマのラスカルを自然に帰しに行くときでは、

ラスカルとであったその場所に返しに行きます。

 

あらいぐま

 

飼えなくなったら役場に電話して

もし、日本でアライグマを飼っていて手に負えなくなったら

山に返すことだけはしないでください。

そんなときは、市役所の害虫害獣対策課に電話しましょう。

対処をしてくれます。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー