暖冬の影響はついに経済へ!農作物や観光地もヤバイ!

経済
スポンサーリンク

 

 

暖冬の影響は経済にどのように出たのでしょうか。

2016年にはいってから暖冬といわれていたのが

まるで嘘のような寒さが続いていますね。

暖冬は農作物や観光地などにも影響を与えたようです。

→『経済』関連の記事一覧

 

 

スポンサーリンク

暖冬は経済にどんな影響を?

2015年から冬なのに暖かい日々がつづいていました。

2016年に入ってから、寒さが増してきてはいますが、

総じて今期の冬は暖冬の傾向にあります。

暖冬の影響で雪が降らなくて、

営業ができなかったスキー場もありました。

 

samui

 

また、デパートなどでは冬物の服が売れなくて

利益が上がらないなど影響がでています。

暖冬になると、冬に発生する経済効果が発揮されません。

寒さで、暖かいものを求める需要がでるのです。

暖冬の影響で暖かいものを求める需要が下がっています。

また冬のレジャー施設の利益も下がります。

雪がないのならば、雪遊びはできませんよね。

 

 

農作物や観光地にも暖冬の影響が・・

今年の冬はとても、暖かい日々が続きました。

冬なのに、春のような気候がつづき日光もさんさん・

その影響で農作物は豊作でした。

 

本来なら冬の寒さの中で育つ農作物が、大豊作になったので

価格が暴落して、農家はかなり苦労しています。

 

 

育ちすぎて出荷する前に熟れすぎてしまった、

育ちすぎて出荷できないなどの問題も起こりました。

観光地にはメリットデメリットの両方が合ったでしょう。

雪がなければ、スキーはできませんが

暖かい日々が続いたので、キャップ場はいつもと違った

冬シーズンを過ごしたのではないでしょうか。

 

 

 

コメント