日焼けの原理はメラノサイトにある

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

 

このページでは、日焼けの原理について解説している。
メラノサイトがメラニンを出すことで、紫外線から肌を防御しています。
メラノサイトがメラニンを出す理由と、メラノサイトについて解説しています。
もしメラニンを出すことができなければ、10年生きられませんよ。

→「日焼けのまとめ」はこちら

→『美容』関連の記事一覧

 

日焼けとメラノサイト

太陽の光を長時間浴びると、肌が赤く日焼けしますよね。

日焼けがひどいと皮がぺらっとむけて綺麗な肌になりますよね。

日焼けは、紫外線の攻撃をメラノサイトが感知して肌を防御するために、

新しく生まれる細胞にメラニン色素を持たせて肌を守っています。
日焼けをすると肌の色が黒くなりますよね。

この黒くなることがとっても肌に大切なのです。

 

 

太陽光と日焼け

太陽の光はには、紫外線という細胞の核を壊す恐ろしい光が混ざっています。

この光を浴び続けてしまうと、新しい皮膚細胞が生まれなくなってしまいます。

細胞の核は、細胞を作るのに欠かせず、これが壊れると正常な細胞は

生まれませんのでがん細胞になってしまいます。

そうなっては人間は60年も生きていけませんので、肌の色を黒くすることで防御をしているのです。

黒という色は光を吸収する力を持っています。

肌の色を黒くすることで、それよりも下に位置する細胞を守っているのです。

『日焼けのまとめ ~美白の道も一歩から~』

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 1月18日

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー