よもぎ茶の効果効能は便秘にも効く?作り方は?

ハウツー
スポンサーリンク

 

 

よもぎ茶の効果効能はいったいどこまであるのでしょう
よもぎを乾かしてお茶にしたよもぎ茶には便秘にも効くのでしょうか?
よもぎ茶の作り方から、便秘改善効果などについてまとめます

→『ハウツー』関連の記事一覧

 

 

スポンサーリンク

よもぎ茶とは?

よもぎ茶は、よもぎの葉っぱを乾燥させてできるお茶のことです。

葉っぱをよく見ると春菊とよく似ていますよね

 

yomogi_ha

 

よもぎはキク科の植物です。
キク科の多年草で、すばらしい生命力をもっています。
千切れたとしても根っこさえ無事であれば太陽光と雨水で生きていきます。
食べたり煎じて飲むことにより、さまざまな効能が確かめられ、
現代まで教え伝えられてきた。
漢方名では艾葉(ガイヨウ)と呼ばれ、その効能や効能の高さから、
万能薬とも言われる程すごいものなのです
ハーブの女王お呼ばれるほど効能は絶大です。

 

yomogi_tya

 

よもぎは飲んで良し、付けて良し、浸かって良しに嗅いで良し、
燃やして良しの五拍子揃ったスーパーパワーを持った薬草です。
食物繊維はほうれん草の10倍もあります
特によもぎが注目されるのはクロロフィルの分量です。
クロロフィルと言う成分は食物繊維の5000分の1の大きさで、
腸の大掃除をしてくれます。
発ガン抑制因子を増加させ、がん細胞やウイルスを阻止したり、
食物繊維との相乗効果で血中コレステロールを低下させる働きがあります。

 

 

よもぎ茶の効果効能

そんな効果効能をたくさんもったよもぎを

お茶にしたよもぎ茶にはどんな効果や効能があるのでしょうか。
よもぎ茶はノンカフェインで妊婦にも安心しての婿尾ができます。
また、タンニンが含まれてるので体内の有害物質を押し出すことや
血液の循環を促進し、血液サラサラ&冷え性改善血液を綺麗に浄化してくれます。
アレルギーを押さえることがクロロフィルには可能です。
効能として、神経痛、腰痛、肩こり、冷え性、生理痛、高血圧などを改善してくれます。

 

便秘

 

 

便秘をよもぎ茶は改善?

便秘改善に欠かせないのはもちろん、食物繊維です。
排便をスムーズにし、便秘を予防 ・腸内の善玉菌を増や

コレステロールや血糖値を抑制することが食物繊維にはできます。
よもぎにも、食物繊維が含まれています

しかしよもぎ茶の種類によっては
便秘に効果のあるものとないものに分かれてしまいます。
よもぎを乾燥させてお湯を注ぎお茶にする形ならば、
食物繊維をまったく摂取できないので便秘は改善されません
粉末状のをものにお湯を注いで飲むならば、
バッチリ便秘を解消してくれるでしょう

 

 

よもぎ茶の作りかた

まずよもぎを取ってきます。
この形をした葉っぱがよもぎなので、間違えないようにとってきましょう。
よもぎをとってきたなら、しっかりと汚れを洗い流します
ここまでが下準備になります。

やかんで煮出す

 よもぎをやかんに3グラム程度入れて、水を入れる
 中火で沸騰させた後、弱火で5分間にれば完成です

ティーポットで少量

 ティーポットや急須に葉っぱを数枚いれる
 飲みきれる量のお湯を注ぎ、4分ほど蒸らして飲む

乾燥させて抹茶みたいに

 天日干しでよもぎを乾かす。
 すり鉢とすりこ木でゴリゴリ荒くする
 好みの量のお湯を足し、3分間蒸らして飲む

 

otya

 

 

 

コメント