マンゴーの保存方法に旬はいつ?マンゴーラッシーの作り方

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

マンゴーの保存方法や旬の季節について書いていきます。

マンゴーラッシーの作り方もご紹介していきます。

日本にマンゴーが浸透しはじめたのはつい最近です。

マンゴーの甘い香りとやわらかい食感が人気です。

ラッシーというのは、インド料理のヨーグルトベースの飲み物のことです。

マンゴーラッシーの作り方も解説します。

→『食品』関連の記事一覧

 

 

マンゴーの保存方法

マンゴーの保存方法はとっても簡単です。

マンゴーは、常温保存で大丈夫です。
買ってきてそのまま食べることもできるのですが、

2~3日常温保存で完熟さえるといいです。

マンゴーは、取れた手よりも少し時間を置いたほうが甘くなります。

完熟したら冷蔵庫で冷やしてからたべます。

 

マンゴー

 

たべごろのサインは、表面にツヤが出て、

すこしベタベタとした感じになったらたべごろです。

 

完熟すると指で押すと柔らかい感じがして、甘いかおりが漂います。

このようになるまでは、収穫日より3~4日程度。

さらに長い時間保存させたたい場合の保存方法は、
ポリ袋か新聞紙に包み、日の当たらない場所で保存します。

 

 

マンゴーのおいしい旬はいつ?

マンゴーのおいしい旬は品種と収穫した場所によってちがます。

日本にあるマンゴーは、大半が輸入物になります。

国産のマンゴーならば6月から7月にかけてが旬になります。

フィリピンから輸入されているならば、2月から7月までがおいしい旬の時期です。

タイからならば、4月から5月にかけてが旬の時期になります。

南半球のオーストラリアからのマンゴーならば10月から3月です。

 

manngo-rassi-

 

 

マンゴーラッシーの作り方

ラッシーは日本で言う飲むヨーグルトといったとこです。

ヨーグルトに砂糖と水を加えて、ミキサーでよく混ぜ合わせるだけ

それだけでラッシーは作れてしまいます。

マンゴーラッシーの作り方はこうです。

 

材料

  • マンゴー100グラム
  • ヨーグルト1/2カップ
  • 砂糖 お好み
  • 水 1/4カップ

 

作り方

ミキサーにすべての材料を入れて撹拌し、グラスに注ぐ。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー