コーヒー豆の保存法は冷凍庫!保存期間が3カ月、劣化も防ぐ!

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

あなたはコーヒー豆を冷蔵庫で保存したりしていませんか?

もし正しい方法で保存されなかったら、コーヒーの味や香りは日に日に落ちてしまいます。

実はコーヒー豆の正しい保存方法は冷凍庫での保存なんですが、なぜだかわかりますか?

コーヒーの美味しさは豆からですので、保存の方法で味と香りの持ちが全然違ってきます。

味と香りの本当に良いコーヒー、飲みたくなりませんか? 

→『食品』関連の記事一覧

 

 

コーヒー豆の特徴

コーヒー言ったら紅茶チョコレートと並んで、三大嗜好品といわれていますよね。

どこの自動販売機にもコンビニにもコーヒーはおいてありますし、ビジネスでも欠かせないものです。

缶コーヒー、粉コーヒーはおなじみですよね、さらにコーヒーを楽しみたい通な方はひき豆に入ったりと、

かなり奥が深い領域です。

コーヒー豆はなんといっても鮮度が命のものです。

豆をおいしく保存できなければコーヒーの楽しみはみるみる酸化してしまいます。

大事なのは鮮度の良いコーヒー豆を買うことですが、鮮度のよい悪いはパックされていてはわかりませんよね。

買うときにしっかりと保存ができるコーヒー豆を選んで買いましょう。

 

 

間違っている保存方法

コーヒーの風味が飛ばないように、豆や粉を冷蔵庫で保存するという人は少なくないでしょう。

冷蔵保存は簡単なのですが、意外にもこれはコーヒー豆にとっては良くない保存方法です。

コーヒー豆は、においがぬけやすくにおいを吸い取りやすい性質を持っています。

冷蔵庫といえば、いろんな製品が入っているし適度に湿っていて、においがこもりやすい環境です。

コーヒー豆のもつ脱臭作用によって冷蔵庫内のにおいがコーヒーに移ってしまいます。

冷蔵庫のにおいがついたコーヒー、考えただけでもぞっとしませんか?

簡単だからコーヒー豆の冷蔵保存をしていたのに、では正しい保存方法はいったい何なのでしょう。

 

http://www.trend-ai.com/blog/wp-content/uploads/2013/02/RIMG2226.jpg

http://www.trend-ai.com/blog/wp-content/uploads/2013/02/RIMG2226.jpg

 

 

ではただしい保存方法は?

冷凍庫で保存するのが正しいとのこと。

なぜ冷凍庫かというと湿気が少なく匂いのつくものがないことからです。

そして、冷凍保存をするときに気をつける点がいくつかあります。

買ってきたコーヒー豆を密閉ができるガラス製の瓶や、

匂いのつかないタッパーにつめて保存するのが良いです。

密閉保存をすることで、さらににおいが飛ぶことと付くことを防ぎます。

豆のままなら半年ほど保存が可能です。

挽いた豆を保存したいという人のため説明しますが、コーヒー豆は挽いただんかいから

どんどん酸化が進んで味と香りが落ちていくので、引き豆を保存したいならばせいぜい2週間ほどです。

豆は引いてから2~3日ほどが味香りとも最高の状態になるので、こまめにコーヒー豆を挽きましょう。

 

 

どうでしたか?

正しいコーヒー豆の保存方法を使って、おいしいコーヒーを入れてください。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー