会話を成功させるために必要な4つのこと

思いつき
スポンサーリンク

 

 

あなたは自分の会話に自信がありますか?

自信がある人は少ないのではないでしょうか。

会話の力は生まれ持ったものだから仕方のないことだとあきらめていませんか?

そんなあなたに、会話を成功させるために必要なポイントを4つお伝えします。

→『思いつき』関連の記事一覧

 

 

スポンサーリンク

話をするには準備が必要

話題を振って会話をするには準備が必要です。会話を通して伝えたいことがありますよね?

伝えたいことはいったい何のかをはっきりさせておく必要があります。

伝えたいことがわからないま会話を続けても何も伝わりません。

会話をするための準備は会話と通してこのことが言いたいという目的地を見つけておくことです。

そのほかにも準備すべきことをあげていきます。

 

 

情報をインプット

話すためにはそのことについて10倍は理解していなくてはいけません。

聞き手のレベルにも臨機応変に対応しなくてはならない状況も考えられます。

どんな人にでも会話を理解してもらえるようになぜそのことが怒っているのかの前提条件など、

手にしておかなければならない情報はあります。

どんな質問が来ても答えられるようにしておかなければいけません。

 

 

理解する

情報をインプットしただけでは足りないこともあります。入れただけではただの丸暗記に過ぎません。

理解するという言葉はあいまいですが、私の中で理解するということは

頭の中でしっかりとその事象がイメージできてこのような時はこうなるという

シミュレーションができることが理解だと思います。

考えてみてください理解していないことを、話し手に理解させることができるでしょうか?

 

 

筋道

理解してもらうための手順を考えましょう。

伝えたい事柄を設定しても地図がなければ迷子になってしまいます。

迷子にならないためにも説明をするための地図をつくり、

回避できない事柄をしっかりと説明する必要がありますよね。

とあるAを理解してもらうには事象Bと事象Cを知っていてもらわないと説明できないなど、

説明しなくて行けない事象も洗い出しましょう。

 

 

相手に話を理解してもらうには、自分はそれ以上の用意をしておかねばなりません。

 

 

 

コメント