テキサストルネードがふわふわでかわいい!ぬいぐるみ見たいな牛

動物
スポンサーリンク

tekisasutorune-do

テキサストルネードと言う、ふわふわの牛がいることを知っていますか?

台風みたいな名前ですが、れっきとした牛で観賞用の品種です。

思わずふわふわの毛に埋もれたくなりますよね。

ふわふわの毛が可愛いテキサストルネードについて、知っていきましょう。

 

テキサストルネードのふわふわの毛

テキサストルネードは、アメリカの農場で生まれたふわふわ毛をもった観賞用のうしです。

細く長い細かな毛が全身を覆っているのが特徴で、アルパカやリャマのような

ふわふわの毛を持っているのが特徴です。

 

 

このふわふわの毛は、きれいに洗いドライヤーで乾かしてとかなり手のかかる手入れがひつようです。

牛をなでるとわかるのですが、油分の分泌が多い生き物なので

テキサストルネードのようにふわふわの毛を維持するのはとっても大変です。

この牛の価格は400万円と高価で、ベンツのCクラスが購入できる価格です。

いいお値段しますね。。。。。

 

 

 

 

かわいいテキサストルネード

このもふもふの毛がとってもキュートなテキサストルネードは

アメリカの農場で品種改良がされました。

体毛がふわふわなので熱帯の土地では飼育が困難なのが分かります。

冬毛はふわふわですが、夏毛はもふもふでなかったりするのでしょうか?

観賞をするためだけに改良されたテキサストルネードは、

ペットとして飼育、鑑賞されているようです。

 

 

 

 

「ナショナル・ウエスタン・ストック・ショー」という品評会では、

テキサストルネードをいかにかっこよくかわいく見せるかというコンテストがあり、

そのコンテストに向けてふわふわの毛をしっかりていれするようです。

 

 

 

ポイント妖精の解答ポイント

すんげーふわふわの毛ですね。

リャマやアルパカの毛は高価なので、それに代わる低価格で生産できる

高級品にも転用できる品種として改良されたのでしょう。

 

 

 

 

コメント