TPPとはなんですか?子供にもわかりやすく解説!簡単に言うと何か

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

 

 

TPPという言葉をよく聞くようになりました。
あなたは、子供にもわかりやすく、TPPとはどんなことか
説明や解説をすることができますか?
簡単に解説すると、TPPはどういうことなのでしょう。
関税をなくしましょうと説明できます。

→「TPPのまとめ」はこちら

→『経済』関連の記事一覧

 

 

TPPとは

まず「TPP」とは「Trans Pacific Partnership」
(トランス・パシフィックパートナーシップ)の頭文字をとった略語です。
日本語に訳すと【環太平洋戦略的経済連携協定】という訳。
環太平洋戦略的経済連携協定、と漢字を並べられてもわかりにくいですよね。
子供にもわかりやすく簡単にするとこうなります
「太平洋に面している国で、経済を豊かにするためのルールを作りませんか」
太平洋に面している国で仲良しグループを作りますといったところです。
経済を豊かにするためのルールというのは
同じグループの中で遊ぶ時のハンデをもらうことですね。

 

太平洋

 

 

子供にもわかりやすく解説するポイント

子供にもわかりやすく、解説するポイントは関税です。
関税をなくして、貿易を自由にするのがTPPの目的です。
この関税の説明が難しいので解説ポイントです。
関税というのは、自分の国の製品を守るためにかけられている税金です。
海外の製品を日本で売ると、お金が高くなっちゃいます。
仲良しグループのハンディキャップの話と関連されます。
海外の製品を日本で売るには、少し高値になるのが通例ですが、
TPPでは、この関税をなくして同じ値段で売りましょうと提案しています。

 

 

簡単に言うとこう!

子供にもわかりやすく簡単に解説するなば、
太平洋に面している国で、経済を豊かにするためのルールを作りませんか?
ルールの一つに物の値段を同じにしましょうよ!

関税なくそう!
と簡単に説明できます。

『TPPのまとめ ~どうしてはじめた、何をするのか~』

 

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 1月15日
    トラックバック:TPPまとめ | マイケル起業談

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー