暖冬とはなんだったのか?影響や理由は海水温度にある!

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

 

 

暖冬とはなんだったんだという寒さに襲われていますね。

暖かくなるといわれていたのに、どうして寒くなったのでしょうか

今期の冬が暖冬だった理由は海水温が関係していました。

海水温との関係や暖冬の影響を解説していきます

→『経済』関連の記事一覧

 

 

暖冬とはなんだったの?

今期の冬は暖冬でした。

暖冬というのは、平年の平均気温にくらべて

気温の高い日がおおくなる冬の季節のことをいいます。

 

あくまでも、冬の期間の平気温度が高くなることなので

寒い日があっても、それを超える暖かい日が

続いていたのならば暖冬です。

 

12月~3月にかけてが冬の季節です。

12月中にとても暖かい日々が続いているので、

1月に入ってたまたま寒くなっただけす。

温度の高い日がつづけば、寒い日の気温を足して平均をとると

気温は高くなります。

暖冬になるのには、海水の温度が関係していました。

 

 

暖冬の理由はエルニーニョ現象にある!

海面の海水温が平年から5℃以上高い月が続くと起こる現象です。

エルニーニョ現象は、暖かい海水の量が増えることです。

暖かい海水の量がふえると、日本ではとある減少が起こります。

黒潮から運ばれてくる海水の温度があがります。

日本は生みに囲まれた島国なので、暖流である黒潮で運ばれる

海水の温度で気温が左右されます。

黒潮で運ばれる海水の温度が、平年よりも高いので

冬が暖かくなるのです。

 

 

エルニーニョ現象の影響は?

雪が降らなくて、スキーや冬のレジャー観光施設に影響がでています。

寒くないので冬物衣料や、暖かい食べ物や飲み物も影響をうけます。

とくに農産物では、冬の寒さに適応してゆっくり育っていくものが

いきなり大きくなりすぎたり、熟れすぎたりと収入に影響がでています。

雪不足による水不足もあるようです。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー