ちょっと飼えないペットな牛、このモフモフ感がイイ!

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

 

 

ちょっと飼えないけどペットにはしてみたい、観賞用のもふもふな牛さんがとってもイイ!
ふわふわの毛並みってペットの醍醐味だと、個人的に思ってます。
牛といえば、草を食べてのんびりとすごす大型の草食動物ですね。

→『動物』関連の記事一覧

 

 

家畜として飼育している人もいるかと思いますが、ペットとして飼っているひともいるかと。
パッチリとした目に、白黒の柄がついていて、のそのそと動いて草を食べる姿は

とってもかわいいですね。
草を食べるので、庭の草刈係にもって来い、ではないかな。

 

 牛

 

都会じゃ大きすぎてとても飼えたものではないですよね。
ちょっとペットとして飼えないけど、

とってももふもふとした毛を持ったかわいい牛さんがいるのです。

 

 

その牛さんというのは、テキサストルネード!

テキサストルネードがモフモフでかわいいと一時期話題になりました。
アメリカのアイオワ州で品種改良された、牛とはおもえないふわふわの毛皮が特徴です。
短い足もかわいい。

 

テキサストルネード

 

まるでアルパカのようなふわふわでもふもふな毛皮に、ネット民はめろめろです。
実家が酪農家だけあって、私もめろめろです。首元に抱きついてモフモフしたい
観賞用に改良された品種なんだとか、日本円で400万円!
どこかの農場でも飼育して公開したら絶対人気になるはず。

 

もふもふの牛ということで、そのほかにもモフモフの牛を集めた。
これも、もふもふ高山に生息しているウシ目ウシ科のヤク。
ウシじゃないやんって思われたでしょ?ウシの親戚です。

 

牛乳のCM

 

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー