原油安の理由は過剰供給?中国の景気後退も関係あり

経済
スポンサーリンク

 

 

原油安が続いていますが、その理由は過剰供給にもありました。

中国の景気後退も原油安の引き金になっています。

どうして中国の景気後退と原油安がかかわっているのでしょうか?

→『経済』関連の記事一覧

 

 

スポンサーリンク

原油安の理由は過剰供給

さて、昨年からガソリンの燃料がどんどん安くなっていますよね。

100円を切るときもあれば、160円を超えるときもあると

価格変動するものなのですが、どうして今原油の価格が安くなっているのでしょう

現在の原油安の原因は、原油の過剰供給にあるといわれています。

使われないのにどんどん市場に流していてあまっているというわけです。

原油は社会経済を支える大切な資源です、

燃料がなければ、人も物も動きません。

動かなければ経済は回りません。

 

ひとものかね

 

 

過剰供給が起こるわけ

この過剰供給が起こっているのは、原油が使われていないからです。

市場に使われずにあまっていれば、当然価格は安くなります。

原油の価格は使われるか使われないかで大きく変わります。

市場に出回る量が一定な場合

たくさん使われれば、需要が大きくなり価格がたかくなります

使う機会が減れば、需要が小さくなり価格が安くなります。

現在起こっているのは、重要が小さくなって価格が下がっている状況です。

原油が安くなった理由には、シェールガスの普及も関係しています。

 

 

中国の景気後退も原油安にかかわっている

現在の原油安には中国の景気後退も関係しています。

中国の景気が悪くなり、中国で使われる原油の量が減っているのです。

不動産バブルもはじけてしまった状態なので、

これから市場に提供する原油の量を変えなければ、原油はどんどん安くなるでしょう。

 

hito

 

 

 

コメント