エウレカセブンの世界観やコーラリアンの設定をまとめて解説!

エウレカセブンの世界観やコーラリアンの設定をまとめて解説していきたいと思います。

交響詩篇エウレカセブンといえば、主人公レントンの成長するはなしですが、そのバックで繰り広げられている戦いがとくに面白いです。

この戦いのおもしろさは、世界観とスカブコーラルから生み出された、コーラリアンの設定についてまとめて解説します。

 

 

交響詩篇エウレカセブン

交響詩篇エウレカセブンといえば、主人公レントンがとある少女との出会いを通じて成長していく物語です。

2006年に放送が開始されてるので、かなり古いアニメで根強い人気があり、今でもファンはたくさんいます。

エウレカセブンの物語の中心は、人間とスカブコーラルという知的生命体です。

 

 

 

男の子が主人公であるレントンで、女の子がコーラリアンであるエウレカです。

 

 

エウレカセブンの世界観

エウレカセブンの物語の世界観を解説していきます。まず世界観なのですが、舞台は地球です。

一万年前スカブ・コーラルという物質?生命体に地球が侵略され、地球の表面をおおわれてまい、人類は宇宙に移住しました。

それから人類は宇宙をさまよって、スカブコーラルに覆われ形の変わった地球にまた戻ってきました。

長い間地球から離れていたので、スカブコーラルに覆われ形の変わった星が地球だとうことに気づかなかったのです。

そこから、スカブコーラルという生き物と人間の地球での共同生活です。

このスカブコーラルという生き物と、どう向き合っていくのかというのがレントンの成長を左右しています。

 

コーラリアンとスカブコーラル

一つの星に、スカブコーラルと人という二種類の生き物が生息している状況に地球はなっています。

じつは、コーラリアンという人型スカブコーラルが生まれたのには理由がります。

地球という一つの星の上で生きていける知的生命体の数には限りがあり、その限りの限界に近付いている状況になっています。

その限界が、件の限界とよばれています。件の限界がおとずれ、スカブコーラルと人間が両方滅ぶという道を模索する必要がありました。

なので地球の表面を覆っているスカブコーラルは知的生命体で、人間との意思の疎通をはかろうとします。

そこで人間に姿形を似せた人型コーラリアンと呼ばれるサクヤとエウレカという少女を生み出し、人間を学ばせ意思の疎通をはかろうとします。

人間とスカブコーラルが星の上で生きていくにはどうするのか対話をするために生み出されたのが、エウレカとサクヤという二人の女の子です。

 

 

世界観とコーラリアンの設定

 

スカブコーラルが生み出したのが、人の形をして人間を学ぶ、人間と共生して生きていくことができるのか

その答えを探すために送り出されたのが、サクヤとエウレカです。

共生と対話を人間とともにしたいが、取り込む以外に方法がない。なので代わりに、コーラリアンを生み出し人間を学ばせる。

学んだ結果、人間もコーラリアンも滅びることなく生きていく道を見つける方法を考え出す。

 

 

コメント