椿の花を塩漬けの作り方、椿の花の成分が意外とすごい

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

 

 

椿の塩漬けの作り方について書いていきます。

椿の花は彩としても食用としても食べることができます。

椿の花に隠された成分や効果が意外とすごいです。

主な調理法はてんぷらですが、塩漬けにすればお茶に浮かべることもできます。

→『思いつき』関連の記事一覧

 

 

椿の花を塩漬けに?作り方は

意外ですが椿の花を塩漬けにして食べることができます。

作り方は椿の花を一枚一枚ばらばらにしてから塩漬けにします。

 

具体的な手順はこうです。

  • 椿の花を取ってきます。
  • 椿の花をしっかり流水で洗い流します。
  • 水洗いが終わったら、ざるにあげて水分をとる
  • 花びらを一枚一枚に分ける
  • キッチンペーパーで水分をさらにとる
  • 容器に塩と椿の花を交互に入れてきます。
  • 漬物石をおいて3日つけます。
  • つけおいたら、天日に3日干します。
  • 保存用の瓶い塩と椿の花をつめて保存します。
  • これで、桜の塩漬けは完成です。

 

 

椿の花に隠された成分は?

椿の花には、オレイン酸やリノレン酸といった

健康にいい成分が入っています。

オレイン酸には、血中コレステロールを減らす作用と胃酸の分泌を調整する効果があります。

また中性脂肪をつきにくくしたり、整腸作用でお通じもよくなります。

リノレン酸は、体内ではつくることができない脂肪酸で

血中の中性脂肪を下げる作用、血栓ができるのを防止する作用、

高血圧を予防する作用があるといわれています。

 

 

 

ポイント妖精の解答ポイント

調べてびっくりしました、椿といえば

髪の毛にぬる椿油ぐらいしか知らなかったのですが

こんな効果があるだなんて初めてしりました。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー