ミニチュアなたまねぎの品種はペコロス!栽培や価格は?

農業
スポンサーリンク

 

 

ミニチュアたまねぎがあることを知っていますか?

とってもサイズの小さなミニチュアたまねぎの品種はペコロスといいます。

ミニチュアたまねぎの栽培や価格についてこのページでは紹介します。

ミニチュアなたまねぎをつかって

小さな料理の世界を楽しんでください。

→『農業』関連の記事一覧

 

 

スポンサーリンク

ミニチュアたまねぎの品種は?

ミニチュアたまねぎの品種はペコロスという品種名です。

ペコロスは人間の親指ほどの大きさです。

プチオニオンとも呼ばれ、直径3~4cm位の小さな小玉ねぎの総称す。

通常の玉葱に比べ10倍くらい過密状態で栽培するとできます。

過密で育てるものと、もともと小さい品種のものが存在します。

らっきょと同じぐらいの大きさです。

らっきょサイズのたまねぎだと思えば想像できるでしょう。

 

 

栽培や価格は?

ペコロスを栽培しているのは、愛知県が主な生産地です。

愛知県がシェア80%を誇っているそうです。

普通のたまねぎの糖度が9に対して、ペコロスは糖度が11もある

とっても甘いたまねぎに育つようです。

ネットで調べたところ、ミニチュアたまねぎの価格は200グラムで300円前後です。

 

 

 

妖精の解答ポイント

こんな小さなたまねぎがあるなんてしりませんでした

是非育ててみたいです。

 

 

 

コメント