牛乳石鹸赤箱でシャンプー!+トリートメントでさらさらに!

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

かれこれ4年ぐらい牛乳石鹸の赤箱でシャンプーをしています。すこぶる調子がいいです。

髪の毛をきれいに維持するためには、きれいな髪の毛が生えてくる環境を整えることが一番です。

環境を整えるためにも、牛乳石鹸は一役買っています。

しかし牛乳石鹸では、頭皮と髪の毛の汚れは落とせて最高の環境にはなりますが、

受けたダメージを修復することや好きなシャンプーの香りを楽しむことはできません。

牛乳石鹸でシャンプーをして、なおかつ髪の毛に受けたダメージを補修するためにも

牛乳石鹸でするシャンプーとクエン酸リンスの後に、好きなトリートメントを取り入れるとさらにさらさらな髪の毛になりますよ!

牛乳石鹸の赤箱でシャンプー

牛乳石鹸赤箱でするシャンプーがとっても調子がいいです。綺麗な髪の毛を維持するためには、きれいで健康的な頭皮環境を維持することが一番の近道です。

そのために石鹸はとっても活躍してくれます。石鹸の界面活性剤としての洗浄力は、髪の毛を洗うのにとっても適しています。

シャンプーをすることには、泡切れの良さが大切になってきます。泡切れが良いということは洗い残しがなくなるのと一緒で

洗い残しが髪の毛のフケやかゆみにつながるからです。石鹸でシャンプーをすると、キシキシになってしまいますが、クエン酸をリンスの代わり使うと改善されます。

牛乳石鹸の赤箱を使い出したのは、2年ほど前で、最初は体を洗うぐらいでしたが

それから、洗顔の代わりにしたり、2度洗いでクレンジングの変わりにしたりと牛乳石鹸をずぼらに活用しています。

 

 

 

キシキシはクエン酸リンスで!

牛乳石鹸でシャンプーをすると、髪の毛がバリバリになるとおもいますが、それには理由があります。

キシキシになってしまう理由は、石鹸を使ったことで髪の毛が弱いアルカリ性になっているからです。

髪の毛がつるつるで指通りがいいのには、髪の毛が中性である必要があります。なのでアルカリ性に寄っている髪の毛を中和する必要があります。

中和のために使うのが、クエン酸もしくはお酢なんです。クエン酸を溶かしたお湯で髪の毛をすすぐと、今までのキシキシがうそみたいつるつるになります。

 

 

最後の香りづけと補修は市販のトリートメントでばっちり!

牛乳石鹸をシャンプーに使うと、髪の毛がきれいになる環境を整えることができます。

しかし、ダメージを受けた髪の毛の補修をすることと、すきな香りをつけることができません。

市販のシャンプーを使うのには、そのシャンプーのにおいが好きで、その香りを自分自身でも楽しむためですよね。

髪の毛から香るお気に入りのシャンプーのにおいが、最高にリラックスできるし自分が頑張る理由になっていると思います。

牛乳石鹸のローズの香りがすることにはなりますが、ダメージの補修はできません。

そこで私は、牛乳石鹸でシャンプーをし、クエン酸でリンスをした後に、大好きな香りのトリートメント髪の毛になじませ

髪の毛の補修をして洗い流すまでが一連の流れになっています。

これで、牛乳石鹸で得られた環境と補修する力の両方の効果を最大限に生かせれると思っています。

石鹸でシャンプーしたらクエン酸だけでトリートメンとしなくてはいけないわけではないのです、

あなたの好みにあわせてアレンジをくわえることもできるんですよ!

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー