乾燥よもぎの使い方!草もちやパン、お風呂で使える活用術

この記事は1分で読めます


スポンサーリンク

 

 

乾燥よもぎはどう使うかわからないあなたに、乾燥よもぎの使い方を伝授します。
乾燥よもぎを活用して草もちやパン、入浴剤としてお風呂でも使えます。
便利な乾燥よもぎの活用術をここで教えます。 

→『食品』関連の記事一覧

 

 

乾燥よもぎの使い方

乾燥よもぎは、その名のとおり乾燥したよもぎです。
この乾燥よもぎの使い方はとっても簡単で幅広く活用できます。
粉末上の乾燥よもぎならば、お湯でよもぎ茶にできます。
硬めに水で溶けば、切り傷によく効く湿布にもなります
よもぎの使い方として、アトピーや入浴剤にもなります。

 

yomogi_ha

 

 

乾燥よもぎで草もちとパン

乾燥よもぎを、乾燥したままお餅に練りこめば草もちになります。
草もちを作るのならば、もちをつき始める前に塩を一掴みほど
入れておきましょう。よもぎの味を引き立てることができます。
だんごに練りこめば、草団子になります。
パンを作るのも、材料を練りこむ段階で乾燥よもぎを入れると
草もちパンに変身します。

 

yomogi

 

 

乾燥よもぎはお風呂でも使えます!

韓国ではよもぎ蒸しという民間療法があります。
よもぎと漢方を煎じ、上がってきた蒸気を体に当てるものです。
よもぎの成分は肌から浸透するので、
乾燥よもぎを、湯船に入れて入浴剤にするのでも代用ができます。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2001年1月
  1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー