PKOとは何の略?意味は?日本の自衛隊が活動するメリットとは

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

PKOとは何のことでどんな意味をもっているのかあなたは知っていますか?
平和維持活動の略称がPKOと呼ばれています。
国際的な平和を維持するための活動で、日本の自衛隊も参加しています。
自衛隊がPKO活動に参加する意味やメリットなどもお伝えしてきます。

→『経済』関連の記事一覧

 

 

PKOとは何の意味があるのか

まず、このPKOは国連平和維持活動のことです。

PKOとはどんな意味があるのでしょう。
地球の上にはたくさんの人がいて、国があります。
人がいれば争いがおきることだってあるでしょう。
地球にある問題を同じ境遇のもの同士で解決してく
そのために、国同士で一つの組織が作られました。
その組織が、国際連合です。
争いを起こさないよ地球の問題を国同士が協力して

解決していきましょうというのが国際連合の使命です。

 

平和

国際的な組織が一丸となって、平和を維持する活動をしていく、
そのためにそれぞれの国は力を貸す必要があります。
平和というのは当たり前でなく、努力しなければならないことなのです。
国際的な平和を国同士で作っていきましょう、それがPKOの意味です
戦争が起こっているならば、中立に立ち戦争が起きないように
監視するのが役割です。

 

 

PKOとは何の略?

PKOとはいったいどんな言葉の略なのでしょうか?
国際的な平和を維持する活動をがPKOなので、英訳すると
United Nations Peacekeeping Operationsになります。
この頭文字をとって、略称としてPKOといわれています。
国際連合の中の、平和を維持するための活動に従事している部署になります。
紛争や、飢饉、戦争などが起こったとき、
平和に解決できるように導くのが役目です。
常に中立の立場に立ち、戦争をしている国の仲裁をします。
活動が認められて、ノーベル平和賞も受賞しています。

 

自衛隊PKO

 

 

日本の自衛隊とPKOとは

日本が国際連合に加盟したのは、1956年です。
ちなみに日本に自衛隊ができたのは1952年です。
実際に自衛隊がPKO活動をし始めたのは、1992年に起こった湾岸戦争からです。
日本では、戦争を放棄する憲法9条があります。
国際紛争を阻止するための兵力を持たないと決められています。
この法律があるので、戦争を支援することはできないのです。
日本が国連に加盟してから、活動をするまでに期間があいているわけがこれです。
国連に加盟しているのに、憲法があるので参加できませんとはいえないのです。
そこで、PKO協力法というのをつくり平和維持に限り手伝えるようにしました。
日本の自衛隊が初のPKO活動をしたのが、1992年の湾岸戦争だったのです。
紛争や戦争の当事者に加担しないように20年活動をつづけており
平和復興に高い成果を上げています

 

 

自衛隊がPKO活動するメリットは?

自衛隊がPKO活動をするメリットは、日本という国にメリットがある
どんなメリットかというと、国際平和に協力しているよとアピール材料です。
国際連合の中での信頼を勝ち取る手段でしかないです。
日本の外交カードでしかないのが現状です。
日本の自衛隊はPKO活動に参加して20年たち、信頼を得ています。

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー