LNGとLPGは違います!日本での需要や価格推移から教えます

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

LNGとLPGとはいったい何のことなか、違いはあるのかあなたは知っていますか?
LNGもLPGそれぞれ、天然ガスと呼ばれる燃えやすい気体です。
このLNGとLPGが今日本で需要が伸びています!
日本だけでなく、世界的にもです。
LNGとLPGこの2つの違いを説明しつつ、過去の価格変動から
日本のこれからの需要について取り上げていきます!

→『経済』関連の記事一覧

 

 

LNGとlpgとは何だ?!

LNGLPGとは何のことどれだけ知っていますか?
冒頭では、2つとも燃える気体だということをお伝えしました。
なので、LNGLPGとはそれぞれ天然ガスのことです。
天然ガスの構成している成分の違いで、名前が違っています。
二つの中でもLPGは、意外なところで活躍しています。
あなたの家の庭にも、灰色のボンベがあったりしません?
その灰色のボンベの中に、LPGが入っています。
勘の鋭いあなたは分かったでしょう、LPGはプロパンガスなのです。
さて、残るはlngについてですね。
LNGとは、Liquefied Natural Gas 液化天然ガスの略です。
メタンが主原料になります。

 

 

LNGとlpgそれぞれの違いはここだった!

LNGLPGのはそれぞれ、天然ガスであります。

それぞれの違いは簡単、成分が違う!

LNGメタンガスの集まり
LPGプロパンガスの集まり

メタンだけ集めるとLNGになり、プロパンだけ集めるとLPGになるということです。
メタンもプロパンもそれぞれ、同じ原料から作られている親戚です。
作られる過程によってそれぞれ違うものになります。

 

 

LNGとLPGの日本での需要

どちらも火力発電に利用されているのでものすごく需要があります。
東日本大震災が起こってから、原子力発電が使われなり今は火力発電が主流となっています。
火力発電では、石炭や石油を燃料として発電をします。
石炭や石油を燃やすより、環境にやさしいということで注目をあびて
少しずつ需要が伸びてきています。
大量に生産できる方法も見つかってるので、価格も安くなっています。
投資をするなら、最良物件ですよ。

 

 

日本と世界の価格推移

2015年11月現在の世界価格は2ドル~10ドルで変動しています。
取引の単位はBTUという単位を使って取引がされています。
BTUは、一滴の水の温度を252度に上げる力をもっているという意味になります
1981年から取引がされていて、価格は年々安く推移していっています。
日本国内の価格は世界と比べて、少し価格帯は高めで推移しています。

 

 

需要はいかに?LNGとLPGのこれから

環境にやさしいということからLNGLPGが注目を浴びています。
熱を得るには、二酸化炭素とは切っても切れない関係にあります
LNGLPGでは、燃やしても二酸化炭素の排出が少ないからというので
注目され使われています。

そして、生ゴミを発酵させればLNGLPGも作れてしまうというのも魅力的です。
これからもっと効率よく、LNGLPGをとる方法が作られていくでしょう。
そうすれば、今よりも電気代が安くなっているかもしれません!

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー