アベノミクスは失敗?原因や理由はどこにある?

経済
スポンサーリンク

 

アベノミクス

 

アベノミクスが始まってから3年がたちます。

アベノミクスは失敗だといわれていますが、

失敗の原因や理由はどこにあるのでしょうか?

経済を回復させるためにはじめられたアベノミクスですが、

長期的に気長に待つしかないのでしょう。

3年やそこらじゃ、景気は回復できないということなのでしょう。

→『経済』関連の記事一覧

 

 

アベノミクスは成功?失敗?

アベノミクスが始まって3年がたちますが、

景気は良くなったところ、良くなっていないところと

さまざまな意見があります。

今景気がいいのは、オリンピック需要があるからとの意見もあります。

四国内ではオリンピック景気もアベノミクスもどちらも

いい意味での影響が出ていません。

 

聖火

 

 

アベノミクスの失敗の原因と理由は?

この状況をアベノミクスが失敗したとして、

失敗の理由と原因について考えてみようと思います。

まず、失敗の原因として上げられるのは

政府と企業との時間軸のズレにあると思われます。

企業にお金を出せばすぐに景気が良くなると思っているでしょうが

お金を出しただけですぐに景気が良くなるわけありません。

企業の隅々までにお金が回るまでは時間がかかります。

 

 

そして、アベノミクスの失敗の最大の原因は

中国の景気後退にあるでしょう。

こればかりはさすがに読めないので、仕方がないでしょうが

グローバル化と情報化がすすみ、圧倒的に早くなっている

ビジネスのスピードに日本企業が適応できていないというのが大きなとこでしょう。

アベノミクスから3年で、日本を引っ張っている

大企業の影響力がなくなってしまったのも、原因の一つではと思います。

 

 

 

ポイント妖精の解答ポイント

景気をよくするには従業員の給料が上がらなくてはだめです。

アベノミクスで企業にお金を出しても、

従業員の賃金に反映されるまでには時間がかかるのです。

 

 

 

コメント