アボカド種茶の効果効能と副作用!保存方法と日持ちについて

この記事は3分で読めます


スポンサーリンク

 

 

アボカド種茶というものがはやっています。

これは、アボカドの種をお茶にせんじて飲むものです。

このアボカド種茶にいま注目が集まってます。

楽にやせるそうで、効果効能がすごいらしいです。

アボカド種茶の保存方法と日持ちについても紹介します。

→『ダイエット』関連の記事一覧

 

 

アボカド種茶って?

 

森のバターといわれる、アボカド。

 

ディップソースにしてもおつまみにしても、

どんぶりの具にもてんぷらにも変身してしまいます。

 

どのせだいにもとっても人気なのがアボカドです。

 

アボカドアイコン

 

深い緑色のしっかりとした皮に包まれていて

半分に割って皮の中に包まれている

緑の果肉の部分を食べます。

 

スライス

 

果肉の内側に茶色い種があるのですが、

アボカド種茶は、この種の部分を

 

お茶にします。

 

otya

 

アボカドの種には他にも活用する方法があります。

水耕栽培ができるので、観賞植物として

あなたのお部屋に一本どうでしょう?

アボカドの種を水栽培!やり方や育て方(水耕栽培編)

 

アボカド種茶の効果効能

面倒なカロリー制限、糖質制限なしのダイエットが

 

アボカド種茶ではできるそうです!

 

ふだんなら、用事があるのは緑の果肉の部分だけですが、

明日からは、アボカドの種もしっかり使い倒してやりましょう!

 

要らない部分でダイエットできちゃうって、

アボカド(種)の可能性は無限大!

 

種

 

アボカドの種には、

水溶性の食物繊維がたっぷりと含まれているようです。

水溶性の食物繊維というのは、水に溶けることができる食物繊維です。

アボカド種茶は、お茶にすることで

水溶性の食物繊維を余すとこなく取り入れることができるのです。

 

食物繊維は人間に欠かせな栄養素のひとつであります。

食物繊維のことについて知りたくないですか?

食物繊維一日の摂取量はいくら必要?便秘改善効果あり!

 

アボカド種茶の作り方

アボカド種茶の作り方を紹介します。

 

まず、アボカド買ってきてください。

 

アボカド

 

種を取ります。

アボカドの切り方は?切り口が変色する理由、変色させない方法

 

アボカド切り方

 

中身を食べます。

 

アボカド

 

種を包丁でスライスします。

 

アボカド種

 

一リットルの水と一緒に鍋に投入し30分

 

すると、こんな色のお茶になります。

 

アボカド種茶

 

これでアボカド種茶の完成!

 

 

アボカド種茶の保存方法

アボカド種茶はの保存方法は、冷蔵保存です。

冷蔵庫で一週間が保存の目安です。

清潔な器もしくは、ペットボトルに移してから

冷蔵庫で保存しましょう。

 

 

アボカド種茶は日持ちするのか?

アボカド種茶は大体一週間日持ちします。

 

しかし、煮出すときは種一個に対して1リットルなので、

すぐに飲みきってしまうと思います。

 

日持ちのことを考える前に

飲みきってしまうことが考えられるので、

無理に長持ちさせようとせずに、食事の合間や

水分補給の変わりに、せっせと摂取しましょう

 

 

アボカド種茶の副作用は?

アボカド種茶の副作用については、まだ報告が上がっていないようです。

特に副作用もないそうなので、中毒とか安心です。

あえて副作用というならば、

 

高カロリーなアボカドをたくさん食べないと

アボカド種茶でダイエットができないということでしょう。

 

高カロリーなので、アボカドの食べすぎに注意です。

 

 

 

ポイント妖精の回答ポイント

 

アボカド・・・・・・・なにこの万能果物・・・

アボカドってこんなにもすごいのね!

というのが素直な感想です。

アボカドの種をお茶にするなんて

どこの貧乏が思いついたんだとおもったのですが

一番最初に思いついた人ってすごいなとおもいます。

ダイエットに水溶性食物繊維は必要ですが、

それ以上にバランスのいい食事と

運動習慣をもつことが、健康的なダイエットになります。

ダイエットのためといって、健康をおろそかにしては

だめ!絶対!

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2003年1月
  1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー