加齢臭を消す方法は食事にあり!ビタミンEで酸化を軽減!

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

加齢臭を消す方法は食事にあります!

加齢臭を消すには食事でとある栄養素をしっかりと取れば

短期間で匂いを軽減し、継続することで加齢臭を消すことができます。

どうして加齢臭になってしまうのか、原因と食事以外の対処法

も一緒にまとめます。

 

 

加齢臭を消す方法は食事

あなたも加齢臭気になってませんか?

自分のにおいなので自分では気づけないのが難点ですよね。

加齢臭は、加齢とともに体の脂肪が酸化することが原因です。

 

体の中の脂肪が酸化し、その脂がしみだしているのです。

 

この加齢臭の匂いは、揚げすぎたてんぷら油のような匂いがします。

さて、この厄介な加齢臭を消す方法があります。

長年のあいだ加齢臭を消す石鹸や、手術など様々な対策がでています。

ここでは、加齢臭を出す原因を食事をすることでにおいを消す方法を紹介します。

 

 

 

 

ビタミンEを摂取で、油分の酸化を予防改善

加齢臭の対策として、ビタミンEの効果は非常に重要な役割を果たしています。

加齢臭の原因は、体の脂肪が酸化したものがしみだしていると説明しました。

ビタミンEは、加齢臭の原因となる脂肪酸の酸化を防ぎ、老化を改善します。

つまり、錆びてしまった脂肪のさびを取り除く効果があるのです。

さらに、それだけではなく自律神経に働きかけることで、

血行を促進し皮膚の隅から隅まで酸素と栄養素をいきわたらせる働きをします。

ことなどから、ビタミンEは別名「若返りのビタミン」とも言われています。

また、肩凝りや冷え症の方にも非常に良いビタミンだと言えます。

 

ビタミンEはビタミンCと合わせて摂るとビタミンCがビタミンEの抗酸化作用を、よりいっそう高めます。

 

 

 

加齢臭を予防するビタミンEがたくさん入った食べ物

アボカド、アーモンド、カボチャ、鯛に含まれています。

しかし加齢臭を予防するためには、カボチャでは一日二分の1個

鯛だと、四匹食べなくてはいけません。

しかも、一日に必要な野菜の量にさらにプラスしてです。

そんなにたくさんは食べれないとおもいますが、調理の仕方と食べ方で十分接種可能です。

 

 

 

加齢臭の原因は?

加齢臭の原因になるのは、ノネナールという物質なのです。

このノネナールは、皮脂腺の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸と

過酸化脂質が結びつくことによって作られる物質です。

一般的に40歳を超えた中高年の男女におこる現象です。

加齢臭と聞くと男性のみのイメージですが、男女とも逃れられないものです。

このような年齢になるとパルミトオレイン酸、

過酸化物質共に増加するため、加齢臭が起りやすくなってしまいます。

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー