豆乳の原料は何豆?豆乳とはなにか!

食品
スポンサーリンク

 

 

豆乳の原料についてあなたは知っていますか?

豆乳の原料の豆を良く知って行きましょう。

豆乳とは何かについてもここでまなべます。

→『食品』関連の記事一覧

 

 

スポンサーリンク

豆乳とはなにか

豆乳とは、原料の豆を水でゆがいてミキサーで粉々にまぜたものです。

粉々にまぜたあと、汁だけを漉したものが豆乳になります。

この豆乳は湯葉になったり、豆腐になったり

そのまま豆乳として飲んだり、ヨーグルトになったりします。

豆乳の原材料である豆の大豆をエキスにしたものです。

 

 

豆乳の原材料は大豆!

豆乳の原材料は、大豆です。

大豆は、2度旬のある珍しい食べ物です。

なぜ2度あるのかというと、生で食べれば枝豆になり

乾かして食べると大豆です。豆まきにも納豆にも豆腐にもなります。

しょうゆやみそ、高野豆腐といった日本人に欠かせないものになります。

保存食に甘納豆にもなります。あっきなこにもなります。

 

 

豆乳を飲むといいことがある

豆乳は、大豆から作られているので、タンパク質は植物性です。
コレステロールを溶かして、体の外へと排出する役割があります。

コレステロールを減らす働きをするリノール酸が、

たくさん含まれているので、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防になります。

 

 

 

妖精の解答ポイント

豆乳が苦手でも、ヨーグルトにすれば食べれるようになります。

 

 

 

コメント