インフルエンザは潜伏期間中にうつるの?感染後はワクチンで症状軽減

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

 

 

インフルエンザには潜伏期間があります。

インフルエンザウイルスは潜伏期間中に感染の危険はありません。

なので、潜伏期間にうつることはないようです。

インフルエンザに感染した後でもワクチンを投与すると

次のインフルエンザ感染時の症状を軽減してくれます。

→『ハウツー』関連の記事一覧

 

 

インフルエンザの潜伏期間

暖冬だといわれていましたが、今年もインフルエンザが流行しています。

インフルエンザは、感染している人のくしゃみや咳などで

飛んできた体液によって感染します。

 

くしゃみ

 

インフルエンザウイルスは、遺伝子情報をもったカプセルで

このカプセルを、体内の細胞が取り込むことでインフルエンザに感染します。

インフルエンザの潜伏期間は3日から長くて7日間体の中で潜伏します。

 

進入したウィルスは潜伏期間中はひたすら、

インフルエンザウィルスを取り込んだ細胞を増殖させます

 

インフルエンザウィルスは潜伏期間中にものすごい速さで

増殖するのが特徴であり、大流行する原因でもあります。

 

エレベーター

 

感染者の体液がついたドアノブに触れたり、

エレベーターのボタン電気のスイッチなどで

インフルエンザに感染します。

 

体内にインフルエンザ遺伝子のカプセルを取り込まなければ良いので

マスクと、手洗いうがい、が予防の基本になります。

ウィルスが粘膜に触れても感染のになるので

できれば目を保護するものあれば、バッチリ予防できます。

 

 

潜伏期期間中にうつることはあるの?

インフルエンザウィルスの潜伏期寒中にうつる感染することは

ほとんどないようです。

潜伏期間ではウィルスの増産体勢にはいっているので、

咳やくしゃみまでウィルスに汚染されていないから

潜伏期間中の感染力は低いです。

潜伏期間から感染までの間隔が短いので、うつりようがないのです。

 

 

潜伏期間中の症状

インフルエンザウィルスは潜伏期間中にうつることは

ないというのがわかりましたよね。

では、潜伏期間にはどのような症状があるのか見ていきましょう。

潜伏期間中の症状は、のどの乾燥やちょっとした頭痛

鼻水がたれて来るので、風邪の引きはじめと似たようなものです。

潜伏期間中は風邪と勘違いされやすいので、風邪とは思わずに

インフルエンザを疑いましょう。

 

インフル

 

 

感染後でもワクチン接種で症状軽減

発病したら、ワクチンはあまり効きません

インフルエンザの症状を改善するには特効薬があります。

特効薬というと、注射をするイメージですが

最近ではスプレー方式で摂取できるワクチンも開発されているそうです。

日本でも開発が進められていて、2017年から実用できるように

現在実験がされているようです。

スプレーで鼻の粘膜に塗るワクチンは、子供用だそうです。

 

 

 

ポイント妖精の解答ポイント

予防注射や点滴のとき、針をさされるのが

私はとっても怖いです。

インフルエンザのワクチンといえば、注射のイメージがありましたが

子供たちのために、痛くないワクチンを開発したのはすごいとですね。

一番最初にスプレーにする発想を思いついた人の

ビジネスセンスすげーなー

 

 

 

目次
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集!

目次
2002年1月
  1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー